画材や絵の描き方がわかる電子書籍を無料プレゼント中!

岡部遼太郎・作品集

どうもこんにちは!画家の岡部遼太郎と言います。

アクリル絵の具で描く絵画作品

作品 / Works

 アクリル絵の具 によって描かれた作品
です。

↓絵を描きながら教えている風景

アクリル絵の具がどんな絵の具なのか、
どんな描き方なのか、
などページ下に描いていますので
是非読んでみてください!

 


こうした僕の作品に使っている画材の解説や

絵の描き方などについての解説を
行っている無料ビデオ講座をはじめました。

今なら無料で電子書籍もプレゼント
しています。

↓から詳細が見れるので是非ご参加
ください。

 

岡部遼太郎の作品について

僕の作品はアクリル絵の具という
絵の具で描かれています。

アクリル絵の具は、
油絵の具などと比べると比較的新しい
材料ですね。

一般的に販売されるようになってから
60~70年ほどでしょうか。

 

 

油絵の具が西洋ルネサンス時代から
使われていたことを考えると
その差は歴然です。

 

 

特徴としては

・とても乾燥が早い

・堅牢で丈夫な仕上がり

・水彩のような使い方から  油絵のような描き方までできる

・臭いが少なく環境にやさしい

などの特徴が挙げられます。

 

実際のアクリル絵の具の混色作業。

 

僕はこのような性質のアクリル絵の具を
 何度も何度も重ねていく独特な方法 
絵を描いています。

 

最近のアクリル絵の具は、
非常に透明度が高く発色も良いので
重ね描きをすることで透明感のある
絵を描くことが出来るんですね。

絵画教室で教えている様子。

 

僕はこうしたオリジナルの技法で
自分の空想の世界を描いています。

 

実際に存在するものを描いた絵は
僕の中にはあまりありません。

 

 

実際あるものをひたすらデッサン
していくような練習もかなり行いました
が、
実際にないものを空想しながら描く
というのが僕は好きだったんです。

 

 

夢の中で見たような景色や
色々な記憶が交じり合い現実なのか、
判別できないような風景・・・

 

そうしたものを描いています。

 

 

感情的に絵を描くというよりは、
そうした記憶の産物を冷静に
キャンバスに写し取っていくような
作品制作を行っています。

 

略歴

 

1991  千葉県松戸市生まれ

2018  多摩美術大学卒業

2015  グループ展 東武宇都宮(栃木)

2015   グループ展 阪神梅田(大阪)

2015   グループ展 福屋広島(広島)

2016   “アールデビュタントURAWA”入選

2016  ART FAIR (松屋銀座)

2016  グループ展 (松屋銀座)

2016  個展 (東京)

2016  ART  FAIR (シンガポール)

2016  グループ展(広島)

2016  グループ展(伊勢丹浦和)

2016  グループ展 阪神梅田(大阪)

2016  グループ展 福屋広島(広島)

2017    グループ展  たまプラーザ東急(神奈川)

2017    三人展 (伊勢丹浦和)

2017    個展  (東京)

2017    二人展  たまプラーザ東急(神奈川)

2017    グループ展 阪神梅田(大阪)

2017    グループ展 福屋広島(広島)

以後も展覧会多数

プロの絵の描き方が学べる無料7ステップ講座をお渡し中!

※ホームページをご覧いただいているあなたへの特別なお知らせ
↓↓↓

ABOUTこの記事をかいた人

どうも!絵描きの岡部遼太郎です! 色々なギャラリーや百貨店の画廊などで作品を展示してます。 自分が今まで学んできたことを、絵を観るのが好きな人、絵を描くのが好きな人のために役立てることが出来ればと思っています。 最近は絵画教室の運営に力を入れていて、絵を描くスキルを身に付けたい!絵を描き始めたい!という方をバックアップしています。 よろしくお願いします^^