画材や絵の描き方がわかる電子書籍を無料プレゼント中!

アート,芸術系の雑誌を読むならこれ!美術好きがおススメする3選!

どうもこんにちは!画家の岡部遼太郎と言います。

アクリル絵の具で描く絵画作品

皆さんは普段どのようにしてアートの情報を集めていますか?

今はインターネットがメディアとして発達しているので、情報はネットで!という方が多いと思います。

 

もちろんネット上には情報が沢山落ちていますし非常に便利です。
僕もしょっちゅうインターネットで知識集めをしています。

しかし一方でいまだに便利で楽しいのが「雑誌」というメディアです。

 

アート系の雑誌ってけっこうマイナーな部類ですが、読んでみるとかなりためになるし面白い!

・展覧会の情報

・絵を描くための技法

・公募展の情報

・アートの歴史

・アートマーケットの情報

・アーティストについての情報

などなど沢山の事が書いてあり、全部アートについての情報なので美術好きにはたまらない内容といって良いでしょう。

 

そんなアート系雑誌ですが、その種類は様々で扱っているテーマが異なります。

どの雑誌が自分には楽しめるんだろう?、という疑問にお答えするべく、数あるアート、美術系雑誌から僕が個人的にオススメする一冊を紹介してみようと思います。

 

今回紹介するのは

・アートコレクター

・美術の窓

・芸術新潮

の3選です。

それぞれ特徴が異なり、楽しめる雑誌です。

アート、美術の情報に興味がある!という方は是非この記事を参考にしてみて下さいね!

売れっ子から新人紹介まで!「月刊アートコレクター」!

 

この「アートコレクター」という雑誌の特徴は、雑誌名にもある通りアートのコレクター向けに書かれている雑誌だというところ。

 

「アートのコレクター向け?堅苦しそうだな。」

と思われるかもしれませんが全然そんなことないのですよ!

 

むしろ今回紹介する3冊の中では1番とっつきやすく、カジュアルでアートを楽しめるのではないかと思います。

いわゆる美術史の歴史みたいなお勉強感のある内容ではなく、

「今現代で活躍しているアーティスト」

をメインに取り上げています。

 

なので紹介している作品もとっつきやすく、現代人が鑑賞する作品としてはリアリティがあるのではないでしょうか?

 

掲載している作家や作品の値段も書いてある場合が多く、ちょっと絵を買ってみたいなという方にも導入編?として便利な一冊だと思います。

・今活躍しているアーティストが知りたい

・アートマーケットが気になる

・絵を買ってみたい

といった方にはおススメできる一冊と言えるでしょう。

技法の勉強でお世話になった「美術の窓」!

月刊アート雑誌「美術の窓」は、絵を描く方にとって非常に面白い雑誌なのではないかと思います。

その理由は毎号で「技法講座」のコーナーがあるからです。

 

技法講座のコーナーでは色々なアーティストが自分の絵を描き進める工程を紹介しています。

関連記事→油絵の技法の歴史!フランドル派からルーベンス派まで解説します!

 

これがとっても面白くてためになる!
普段制作している中で他の人がどうやって作品を作っているかとかを知る機会はなかなか無いですしね・・。

・どうやって油絵の具を使えば上手く描けるんだろう・・

・どうすればアクリル絵の具を使いこなせるんだ・・

・どういう風に絵の具を使えば、こんなに上手く描けるんだ・・

という初心者のころの悩みを解決する手段の1つでした。
自分にとっては雑誌というより技法書のような存在でしたもん(笑)。

 

その月毎に紹介している作家も技法も違うので、是非きになる号を購入してみてはいかがでしょうか?

あ、もちろん展覧会などの情報も盛りだくさんなので、絵を描かない方でも楽しめますよ汗。

美術史や流行りの展覧会情報なら「芸術新潮」!

「芸術新潮」は美術館の展覧会を観るのが好き!という方に特にオススメしたい雑誌です。

関連記事→世界の超有名絵画!絵描きが選ぶ25選![解説付き一覧]

関連記事→東京の美術館は「国立西洋美術館」がおススメ!常設展や料金は?

 

毎号でほとんどのように大きな展覧会についての情報が載っています。

・その展覧会の基本的な情報(いつどこでやるのか)

・その展覧会の作家の詳しい情報

・その作家を通じた美術史についての情報

・その展覧会に関連したイベントの情報

 

などなど盛りだくさんの内容で、イベントを紹介しています。

特に美術館に行って作品を鑑賞する前に読むと、その展覧会のバックボーンや作家が生きていた時代の歴史などを知ったうえで鑑賞できるので良いかと思います。

 

注意したいのは雑誌バックナンバーの販売が「発売号」が「その前の号」に限定されている点。

わりと保存版にして良いくらいの情報量で、色々な時代のアートについて学べるので欲しい歴史、作家、展覧会の情報が載っているナンバーは買っておいた方が良いかもしれません。

まとめ

今回は趣味雑誌の中ではマイナーといえるであろう「アート系雑誌」について書いてみました。

僕の個人的な趣味で3つを選んでみましたが、結構面白い雑誌を紹介したつもりなので是非読んでみてくれると嬉しいです。

 

きっと絵を描く人、絵を観るのが好きな人、絵を家に飾りたい人、など沢山の方が世の中にはいると思いますが、それぞれ色々な方が楽しめる内容になっています。

 

特に絵を描く人はこういった雑誌に目を通すと

・他の人たちがどういった絵を描いているのか
・今のアートの市場がどうなっているのか
・絵を描く技術はどんなものがあるか

などを知れるので、一度読んでみる事をおススメします。

 

ではでは今回はこの辺で!
また別の記事でお会いしましょう!

プロの絵の描き方が学べる無料7ステップ講座をお渡し中!

※ホームページをご覧いただいているあなたへの特別なお知らせ
↓↓↓

ABOUTこの記事をかいた人

どうも!絵描きの岡部遼太郎です! 色々なギャラリーや百貨店の画廊などで作品を展示してます。 自分が今まで学んできたことを、絵を観るのが好きな人、絵を描くのが好きな人のために役立てることが出来ればと思っています。 最近は絵画教室の運営に力を入れていて、絵を描くスキルを身に付けたい!絵を描き始めたい!という方をバックアップしています。 よろしくお願いします^^