グループ展 「FOUR ELEMENTS」 2020年3月25日(水)~31日(火)

画材や絵の描き方がわかる電子書籍を無料プレゼント中!

無名の画家でも絵は売れる?有名じゃなくても大丈夫な理由を解説します。

どうもこんにちは!画家の岡部遼太郎と言います。

アクリル絵の具で描く絵画作品

 

こんにちは!岡部です。

今回は、
「無名の画家でも絵は売れる?
有名じゃなくても大丈夫な理由を解説します。」
というテーマでお話ししていこうと思います。

 

 

というのも多くの人が勘違いしていることの
1つに「絵関連の商品をを売るためには
有名にならないといけない」みたいな
思い込みがあります。

だけどこれって間違いなんです。
僕自身もそもそも有名人ではないです。

 

 

駆け出しの頃は今よりももっと僕のこと
を知っている人はいませんでした。

じゃあその時に全く絵が売れなかったかと
いうとそうではありませんでした。

 

 

1枚数十万とかする絵を毎回買ってくれる
人もいました。

今回の話を聞くことで、
なぜ有名である必要がないのか、
逆に何が必要になってくるのかという部分を
知ることができるので是非お付き合いください。

 

必要なのは有名度でなくファン

 

で、まず結論から言ってしまいますが
必要なのは有名度ではなく「ファン」です。

自分の作品、もしくは自分自身のことを
好きでいてくれるファンの方の存在が
大事になります。

 

 

この2つって意味が全然違うんです。

例えばめちゃくちゃ有名でも皆んなが
嫌っているような人だと意味がないんです。

 

 

でも有名じゃなくてもファンの人が
ある程度いてくれればそれだけで全然
絵を描きながら生活することは可能です。

少し想像しずらいかもしれないので
具体的に掘り下げて解説していこうと
思います。

 

熱烈なファンが12人いれば生活できる

 

で、ちょっと本当?と思われるかも
しれませんが、
極論を言うと熱烈なファンが12人いれば
絵を描きながら

生活することはできます。

例えば1年に一度あなたの絵や絵に関する商品
を買ってくれる人がいるとします。

 

 

で、それらの作品を15万ちょっとくらいで
販売するとします。

日本だと物価が高い場所でなく、
贅沢もしなければ15万ちょいあれば
生きていくことができると思います。

 

 

それを12人のファンに向けて1年に
1度ローテーションで販売していく。

そうすればどうでしょうか?
生活することってできますよね。
(あくまで例ですが)

 

僕も実際に20万、30万といった絵を
毎年買ってくれるお客さんもいたりします。

こうすると非常に現実的に感じてきませんか?

 

 

でもこれって別に有名人になる必要って
ないですよね。

別に有名じゃなくてもできます。
僕が言いたいのはこういうことなんですよね。

 

絵を描く生活を安定させていくには?

 

で、さらに踏み込んで絵を描く生活を
安定させるためにするべきことも
少しお話ししようかなと思います。

まず絵の販売というのは自分が常に健康で、
さらに常に労働し続けることが条件になって
しまいます。

 

 

個人的にはこれって結構リスクが高いです。

風邪ひいたり骨が折れたりした時点で
無収入ですし、
必ず毎月売れる!という保証は誰もして
くれません。

 

 

絵描きはフリーランスなのでリスクヘッジも
自分で考えていかないといけないんですね。

で、僕がいつも言っているのは
商品は複数扱いましょうということです。

 

 

1つの商品だけに頼ってフリーでやっていくのは
非常に危険です。

僕であれば絵の販売もやるし、
絵画教室の運営もやっているし、
ホームページ作りのお手伝いもしています。

 

 

色々なことをしています。
これもリスクヘッジなんですね。

何がどれくらい販売できるのかというのは
数字のデータで予測することもできますが、
完全に的中させることができるかというと
そうではないです。

 

 

あくまで数字での予想です。

だから来月の売り上げがどれくらいになるか
完璧に的中させることはできません。

 

 

だからこそ複数商品をあつかって
リスクを減らしていくような考え方も
大事になるのです。

 

いくつも商品を作るのは大変?

 

で、こうした話をすると
自分はそんなにたくさん商品を扱えない!
そんなに思いつかない!
という人もいます。

だけど本当にそうでしょうか?と僕は
思います。

 

 

たしかに幾つも商品を持っているというと
すごい!とか大変そう!とか思うかも
しれませんが、
視点をずらして考えていけばそんなに
難しいことでもありません。

いま持っているスキルを俯瞰すれば
そこから広げていくことができます。

 

 

水彩画を描いているなら

水彩画を販売するのはもちろん、
水彩画を教えることで収入を得ることも
できますよね。

あとはもし水彩で動物を描いたするなら、
ペットの絵を受注して描いたりもできます。

絵のホームページを作ったことがあるなら
代わりに絵のサイトを作ってあげることも仕事に
できるかもしれません。

 

 

いろいろ広げていくことができるんですね。

絵の仕事と一言にいっても色々な事が
できることを覚えておくと良いです。

 

 

それだけで収入が増えたり安定したり
メリットが大きいですからね。

 

画家のためのファンの作り方

 

ここまでで有名になるよりファンを作るのが
大事ということと、
そこから広げて商品の幅を持つ事が大事
という話をしてきました。

ここからはさらにに掘り下げて、
いかにしてファンを作るのかということも
お話ししていこうと思います。

 

 

で、僕の主張としてファンの作り方には
大まかにオンラインで行う方法と
オフラインで行う方法の2つがあると
おもっています。

どちらも本質的には大切なことは変わりません
がやり方自体は違うので、
ここも解説していこうかなと思います。

 

オンラインのファン作り

 

で、オンラインのファン作りの方法としては
まず自分をネット上で発信していく事が
大事になります。

最初は何をしても失敗すると思うので
方法はなんでもいいと思います。

 

 

SNS、ブログ、youtubeなど手段は
色々あります。

そうした部分に挑戦していって失敗する中で
自分に合った方法を見つけていければ
いいですね。

 

 

僕ホームページ、ブログといった方法を
オススメはしています。

というのもこの方法は最終的に労働する
必要がなくなるからなんですね。

 

 

いくつかアクセス数のある記事を作成する
事ができれば、
半永久的にその記事が自分のことを広めて
くれます。

これで芸能人のように有名になろう
ということではなく、
そうしたアクセスの中から自分の作品や
自分自身に興味を持ってくれる人を
見つけていくというような感じです。

 

 

そうしたひとがメルマガなどに登録して
くれれば1対1で対話ができるようになります。

メールのやりとりでなくてもLINEでも
構いません。

 

 

そうして対話をしていくことで
さらに自分のことを知ってもらったり、
相手の悩みを解決することで仲良くなったり
できます。

ファンを作る流れとしては
大きくアクセスを作って、
そこから特に自分に関心を持ってくれる人と
対話を作っていくという感じです。

 

 

これが大事な流れですね。
僕も毎日メルマガを書いていますが
毎日返信をくれるような人もいるので
非常に嬉しいです。

 

オフラインのファン作り

 

次にオフラインのファン作りについてです。

これは実際に展覧会をやるのが1番かなと
思います。

 

 

あとは展覧会だけでなく食事会とかでも
いいので実際に人と会ったりするのが
良いですね。

実際に会ってお話しとかすると
メールなどのやりとりだけで知ることは
できない人の悩みなども知る事ができます。

 

 

そうして知った相手の悩みをメルマガなどで
解説してあげる事ができれば、
また喜んでもらえたりもします。

とにかくまずは「相手のために」が基本に
なります。

 

 

相手のためにできる事がないかな?と
考えていればそれがやがて自然に仕事に
なったりしますからね。

 

悩みが多い部分を商品化する

 

で、こうしたファンとの交流という話を
すると時間も使うしコストもかかるし
得はあるのか?という人もいます。

たしかに今まで会社員やアルバイトで
働いていた人がいきなりこうした話を
聞くと不安になる気持ちはわかります。

 

 

普通の仕事でファンと交流する機会とかって
まずないですからね。

ただ仕事、ビジネスの基本は相手の悩みや
問題点を解決する事だったりします。

 

 

だからこそ相手の声に耳を傾けて
何に困っているのか?ということを知るのは
非常に重要なんですね。

逆に悩みを聞く事ができて、一定数の人が
同じ事で困っているなら、
それはもう仕事になるってことですからね。

 

 

あなたにとってはかなりお得な情報
なんですよ。

だからこそ常にメールでもLINEでも
直接の対話でも良いので、
常に相手の声を聞く事ができるツールは
持っておいた方が良いです。

 

まとめ

 

さて、今回は
「無名の画家でも絵は売れる?という
テーマから掘り下げて仕事の広げ方などに
ついてもお話ししてきました。

有名度はそこまで必要ではなく
ファンを作っていくことを意識するのが
大事だという事ですね!

 

 

是非参考にしてもらえると嬉しいです。

では今回はここまで。
今日も元気に頑張っていきましょう!

 

バイバイ!

プロの絵の描き方が学べる無料7ステップ講座をお渡し中!

※ホームページをご覧いただいているあなたへの特別なお知らせ
↓↓↓

ABOUT US

どうも!絵描きの岡部遼太郎です! 色々なギャラリーや百貨店の画廊などで作品を展示してます。 自分が今まで学んできたことを、絵を観るのが好きな人、絵を描くのが好きな人のために役立てることが出来ればと思っています。 最近は絵画教室の運営に力を入れていて、絵を描くスキルを身に付けたい!絵を描き始めたい!という方をバックアップしています。 よろしくお願いします^^