グループ展 「FOUR ELEMENTS」 2020年3月25日(水)~31日(火)

画材や絵の描き方がわかる電子書籍を無料プレゼント中!

1枚の絵画・イラスト作品を最後まで完成させるコツとは【描ききる】

どうもこんにちは!画家の岡部遼太郎と言います。

アクリル絵の具で描く絵画作品

 

今回は、
「1枚の絵画作品をしっかり最後まで
完成させるコツとは」
というテーマでお話ししていこうと思います。

というのも僕のところには絵の相談等も
よく来るのですが、
どうしても途中で放ってしまっている絵が
あるとか、
最後まで描ききれずに放置している絵が
あるという人が多いんですね。

 

 

これっていうのは僕もよくわかるんですよ。

昔は実家で絵を描いていたのですが、
途中で放棄したままになっているキャンバスとか
結構たくさんあります。

これは一体何を描きたかった絵なんだろう?
みたいな感じで今となっては思うキャンバスも
山積みです。

 

 

とは言っても最近はそんなこともないです。

描き始めたらほぼ最後までしっかりと
描き終えてしまいます。

 

 

最後まで完成させられるようにんなった
ということですね。

そして、最後まで描いて
「よ〜し!これで完成だ!」
と思えるように制作するにはコツがあります。

 

 

今回はここについてお話ししていこうと
思います。

この話を聞くことでこれからは作品を
気持ちよく描き切ることができるように
なるので、
是非最後まで聞いて参考にしてもらえると
嬉しいです。

 

 

では早速始めていきましょう!

 

1枚の絵画・イラストを最後まで描き切るコツは3つある

 

で、結論から言うと絵を最後まで
描き切るコツは3つほどあります。

それが、
①どんな風に描いていくか明確にしておく
②最終完成イメージをある程度明確にしておく
③スケジュールを決めておく

この3つですね。

 

 

この3つさえしっかりと出来てしまえば
正直そこまで作品がいつまでも完成しない
と言うことはなくなります。

とはいっても、
これだけだとよく分からないと思うので
解説を加えていこうと思います。

 

1枚の絵画・イラストを完成させるコツ
①どんな風に描いていくか明確にしておく

 

まず1つ目のコツが
「どんな風に描いていくか明確にしておく」
と言う部分ですね。

これは非常に大事な部分です。

 

 

つまりどんな手順で、
どんな風に画材を使って描いていくのか?
と言う部分です。

これを自分の中で明確にしないで
描いていくと、
途中で必ずつまずいてどうすれば良いのか
分からなくなると思います。

 

 

なので必ず描き出す前にどんな風に
描いていくのかは明確にしたほうが良いです。

 

 

例えば、

・下地材は何を塗るのか?何層塗るのか?
・下書きは下絵を使うのか?直に書くのか?
・部分的に描き始めるのか?全体的に描き
始めるのか?
・絵の具を重ねる作業はどう言うタイミングで
行うのか?何層くらい重ねるのか?

このような部分をある程度頭の中で、
もしくは練習用キャンバスにシュミレーション
してから描き始めるんですね。

 

 

長く描いている人であれば簡単に頭で
想像できたりしますが、
どうしても最初はなかなかイメージがつかない
ので予備の紙やキャンバスを使って練習する
のも良いですね。

ここら辺のイメージが出来てから描き始める
だけで大分絵の進み方のスムーズさが
変わってきます。

 

1枚の絵画・イラストを完成させるコツ②
最終完成イメージをある程度明確にしておく

 

で、2つ目もめちゃくちゃ大事な部分で
「最終完成イメージをある程度明確にしておく」
と言う部分ですね。

これが出来ていないとどれだけ技術があっても
最後の完成にたどり着かないです。

 

 

ここでいう最終完成イメージというのは、
・構図をどうするのか
・色味はどうするのか
・主役と脇役はどうなっているのか

こうした部分の具体的な最終完成のイメージ
です。

 

 

まず構図であれば、
最初にある程度決まっていないと最後に
どうこう出来るものでもないので、
最初に計画しておく必要があります。

最初に考えた構図が良くないと、
最終的に完成する絵も絶対に良くなりません。

 

 

また色味なども最初に計画しておく必要が
あります。

どんな色をどこに配置してどういう役割を
持たせるのか?
こうした部分を考えないとどうしても
絵がちぐはぐになって描き始めてから
頭を悩ませてしまいます。

 

 

主役と脇役を決めておくのも大事です。

その絵でどこを一番見せたいのか?
そのために主役はどう配置するべきか?

 

 

このようなことですね。
絵は主役をいかに見せていくか?という
パズルゲームでもあります。

 

 

主役が明るいから背景の脇役を
暗くして目立たせよう・・・みたいな
思考ですね。

こうした思考の積み重なりが最終的に
絵に現れて、
鑑賞者に自分の意図が伝わるのです。

 

 

1枚の絵画・イラストを完成させるコツ③
スケジュールを決めておく

 

で、これも大事な部分なのですが
「スケジュールを決めておく」
という部分ですね。

ここでいうスケジュールというのは
その絵をどのくらいの期間で描くのか?
という話です。

 

 

絵の中で例えば

・空
・お月様
・鳥

というモチーフを描くとしたらある程度
スケジュールを立てることが出来ます。

 

 

・下地作りを1日目
・空を3日間
・お月様を4日間
・鳥を4日間
・最終調整を3日間

合計15日間!みたいなことです。

 

 

これは最初に決めたらカレンダーなどに
書いておいても良いでしょう。

このように日数計画を明確にしておくと
ダレることもないですし、
その日にするべきことも明確になります。

 

 

これは結構大事な部分ですね。

何をするべきか分からなくなって
絵を途中で放棄してしまう人もいるので
そういう人はその日するべきことを明確に
しておくだけで作業がしやすくなります。

 

1枚の絵画・イラストを最後まで完成させる手順

 

ここまでで3つの絵を最後まで完成させる
コツについてお話ししました。

ただいきなり3つもお話ししたので
少し混乱する人もいるかもしれません。

 

 

なので個人的にオススメな順序についても
お話ししていきます。

個人的には
①作品のイメージを明確化する
②実際の進め方を考える
③スケジュールを作る

このような順番で考えていくと良いと思います。

 

 

まず作品自体のイメージを明確に掘り下げて
いく作業です。

先ほど言った
構図や色味、主役脇役などの部分ですね。

 

 

これをアナログスケッチか、
デジタルのスケッチで手を使って考えて
いきます。

絵が描けない人はこうした準備を
頭だけで考えますが必ず手を動かして
考えるのをお勧めします。

 

 

手を動かしてあーでもないこーでもないと
考えると普段思いつかないようなイメージが
出来上がったりします。

この段階である程度最終完成の図案を
しておきます。

 

 

それが出来たら②の実際の進め方を考える
という部分ですね。

これは絵の具をどう使うのか?
どういう技法で進めていくのか?という部分
の思考になります。

 

 

この部分は完全オリジナルで自分で
考えるのはお勧めしません。

美術の歴史の中で考えられてきた技法を
参考にしていくことがお勧めです。

 

 

今の世の中動画で学ぶことも出来たり
するので、
そういうもので学ぶのも良いと思います。

僕のオンライン絵画教室に入っている人は
動画で全ての工程を完全解説しているので、
その流れや工程、技法を全てコピーしても
良いと思います。

 

 

そうすることで、
技法面で手が止まることはなくなりますからね。

ここまで出来たら
③のスケジュールを作るという部分です。

 

 

構図や技法面はもうすでにイメージが
出来ていると思うので、
それをいつ行い、いつまでに終わらせるのか?
ということを考えていきます。

これはある程度余裕を持たせて計画していくと
良いと思います。

 

 

というのも計画通りに全て完璧に出来るわけは
ないからです。

僕も計画通りに完璧に出来ることはないので
あくまで自分の中でおおまかに決めておけば
いいです。

 

 

ダレたりダラダラと取り組まないようにする
ためのスケジュールなので、
自分の中でその日に何をするべきか明確であれば
構いません。

 

1枚の絵画・イラストを描くコツのまとめ

 

さて、今回は絵を最後まで描き切るために
どうすれば良いのか?という部分を
お話ししてきました。

まずは
①作品のイメージを明確化する
②実際の進め方を考える
③スケジュールを作る

この手順で考えながら進めることをお勧め
します。

 

 

そうすることでイメージを明確にしながら
前に進んでいくことが出来ます。

では今回はここまで。
今日も元気に頑張っていきましょう!

 

 

ではでは!

プロの絵の描き方が学べる無料7ステップ講座をお渡し中!

※ホームページをご覧いただいているあなたへの特別なお知らせ
↓↓↓

ABOUT US

どうも!絵描きの岡部遼太郎です! 色々なギャラリーや百貨店の画廊などで作品を展示してます。 自分が今まで学んできたことを、絵を観るのが好きな人、絵を描くのが好きな人のために役立てることが出来ればと思っています。 最近は絵画教室の運営に力を入れていて、絵を描くスキルを身に付けたい!絵を描き始めたい!という方をバックアップしています。 よろしくお願いします^^