グループ展 「FOUR ELEMENTS」 2020年3月25日(水)~31日(火)

画材や絵の描き方がわかる電子書籍を無料プレゼント中!

アート・美術関連の商品販売をするのが不安で恐い人へ【不安で当たり前です】

どうもこんにちは!画家の岡部遼太郎と言います。

アクリル絵の具で描く絵画作品

 

今回は、
「アート関連の商品販売をするのが不安で
恐い人へ」
というテーマでお話していこうと思います。

これは僕のところにたまにやってくる
質問ですね。

 

 

自分で絵の仕事をしようとした時に
不安になってしまうとか恐くなってしまう
とかそんな感じの悩みです。

僕自身で言うとアート系の商品販売を
これまでに色々と行ってきました。

 

 

・絵の販売
・絵画教室
・イベント開催
・絵描きさん向けのホームページ作成講座
・絵描きさんだけ集めた食事会の主催

とかですね。

 

 

結構やっているほうかなと思います。

現在はこうした仕事をしてご飯を食べている
ような感じです。

 

 

そんな経験も踏まえて販売という部分への
不安や恐怖心への対策法をお話していければ
と思います。

この話を聞くと結構販売に対して安心したり
勇気が出ると思うので是非お聞きいただければ
と思います。

 

アート・美術系の商品販売は誰でもみんな不安です

 

で、結論から言うと誰でも販売したりする
時は不安を感じていると思います。

僕も新しい商品販売を行う時は不安ですし
ドキドキしたりします。

 

 

「喜んでもらえるだろうか?」とか
「納得してもらえる商品になっているかな?」
とかそんな感じです。

何年この仕事をしていても不安だったり
ドキドキは感じるので、
この先もきっと同じかと思います。

 

 

これってある意味当然だと思うんですね。

すでに販売したりしたことのある商品であれば
ある程度反応は分かりますけど、
初めて販売する時はお客さんの反応は
あくまで想像するしかありません。

 

 

超能力で未来がわからない限り誰でも
そうなんですね。

少し具体例を挙げながらここを詳しく
話してみようと思います。

 

アート・美術系の商品販売における不安

 

例えば絵の販売をするにしても僕は
いつも不安などは感じます。

自分では必死に頑張って作ったものでも
人に公開して販売していこうとなると、
結構緊張します。

 

 

人に認めてもらえるほどのクオリティに
なったかな?とかそんな感じです。

きっと初めての展覧会を行う場合や
初めて絵の販売をする時はもっと
緊張すると思います。

 

 

僕は初めて展示をした時は緊張しすぎて
作品の説明をする時も噛みまくってました。

そんなもんだと思います。

 

 

絵の販売だけでなく絵画教室なども
大分緊張しながら始めたのを覚えてます。

僕の絵画教室はどこにいても受講できる
オンライン形式なのですが、
ちゃんと授業を配信できているかな?とか
気にしていつもパソコンを開いてました。

 

 

授業内容ももっと良くしていかないと不安に
なって僕から生徒さんへの質問のほうが
生徒さんから僕への質問より多いくらい
でしたね。

イベントとかでも人がちゃんと来てくれるの
だろうか?とか、
絵を描きながら喋らないといけなくて
緊張しまくって何も喋れなくなったりとか、
本当に色々と不安の中を生きてきました。

 

 

だからこそ言えるのですが不安で
当たり前だと思います。

初めてやることに微塵の不安も感じない人
なんて逆にいるんでしょうか?

 

 

だから不安を感じても全然構わないと
僕は思っています。

 

アート・美術系の商品販売の不安を少しでも減らしたい

 

といっても実際に販売をしたりする際に
不安に潰されそうになると言う方もいると
思います。

たしかに不安を完全になくすというのは
不可能ですが、
少なくするというのは有効な考え方に
なるのかなと思います。

 

 

僕自身も不安を減らしたり、
より上手く販売を行うために工夫を
したりしています。

でその工夫が何なのか?というと
「モニターさんを集める」という方法です。

 

 

モニターというのは色々な企業も
使っている方法ですね。

自社の製品やサービスを発売前に試して
もらって反省点や改善点を集める手法です。

 

 

これは僕たちも使っていくべき方法かなと
思います。

この方法を導入すると実際に販売していく時の
不安をかなり少なくすることができます。

 

 

すでに試しにテストの販売をしている
ということで、
商品の悪い点や良い点などを感想として
フィードバックを販売前に得れるからです。

すでにどんな感想が来るのかとか、
そうした部分を知っておくことができれば
不安点も少なくなると思います。

 

アート・美術系の商品販売をさらに良いものにしていく考え方

 

ここまでで、
アート関連の商品販売をするのが不安で
恐い人へ考え方や対策方法をお話して
きました。

ここからはさらに掘り下げて
商品販売をより良いものにしていく方法
という内容でお話していこうかなと
思います。

 

 

より良い販売というのは
より満足してもらえて、
より売り上げも上がるような販売のことです。

これは結果から言ってしまうと、
「自分と価値観が合っていて、
より長期的な付き合いができるような
販売」を目指すことに他なりません。

 

 

つまり、自分に共感してくれる人のみを
対象にして、
より長く活動を共にできるような仲間に
なれるような販売を目指すこと、
と言い換えることも出来ます。

これは言うは易しで、
実際にやろうとすると非常に難しいこと
でもあります。

 

 

正直なところ実際に販売すると、
自分とは相容れないタイプの人が
やってくることもあります。

具体的な例を出すと
作品やアートを大切にしなかったり、
努力や成長をする気がない人だったり。

 

 

いくらお金を払っているからと言って
そうした人たちと付き合いたくはないと
僕は思ったりもします。

だからこそ自分と共感し合える人に
商品販売を行うというのは大事なことです。

 

【アート・美術系の商品販売】お客さんを選ぶことなんて出来るのか?

 

といってもお客さんを選ぶことなんて
出来るのか?という風に思う人もいると
思います。

たしかに生計を立てていくとか言う
レベルになると販売しないと食えないですし、
実際に変なお客さんがやってくることも
あるとは思います。

 

 

しかしある程度の工夫をしておくことは
できます。

それは「こういう人は買わないでください」
とこちらから明示しておくことです。

 

 

僕であれば絵は大事にしてくれる人にしか
販売しないですし、
教室、スクールなどは努力できない人は
入らないでくださいと書いたりもしています。

それは販売で収入を得るのも大事ですが、
それ以上に長く付き合えるような関係性を
買ってくれる人と築くことも同じくらい大事
だと考えているからです。

 

 

なので僕は飲み会、食事会なども行なって
交流したりしますし、
関係性を重視した活動をこれからも行いたい
と思っています。

 

まとめ

 

今回は、
「アート関連の商品販売をするのが不安で
恐い人へ」と言うテーマでお話して、
後半ではより質の高い販売という部分について
もお話してきました。

これは実際に販売をしてみると痛感する部分
でもあります。
是非参考にしてみてください。

 

 

では今回はここまで。
今日も元気に頑張っていきましょう!

バイバイ!

プロの絵の描き方が学べる無料7ステップ講座をお渡し中!

※ホームページをご覧いただいているあなたへの特別なお知らせ
↓↓↓

ABOUT US

どうも!絵描きの岡部遼太郎です! 色々なギャラリーや百貨店の画廊などで作品を展示してます。 自分が今まで学んできたことを、絵を観るのが好きな人、絵を描くのが好きな人のために役立てることが出来ればと思っています。 最近は絵画教室の運営に力を入れていて、絵を描くスキルを身に付けたい!絵を描き始めたい!という方をバックアップしています。 よろしくお願いします^^