グループ展 「FOUR ELEMENTS」 2020年3月25日(水)~31日(火)

画材や絵の描き方がわかる電子書籍を無料プレゼント中!

【美大卒業生が語る】美大に行くことをオススメしない4つの理由【無駄】

どうもこんにちは!画家の岡部遼太郎と言います。

アクリル絵の具で描く絵画作品

今回は
「美大に行くことをオススメしない
4つの理由」
というテーマでお話ししようと思います。

僕は今までにも美術大学ってどういう
場所なのか?みたいな話をしてきたと思います。

 

 

なぜ普段からこういう話をするのかというと
僕の方に美大に行ってないコンプレックスが
原因の悩みが来たりするからです。

あとは本当に美術大学という場所について
知らなくて美大に行くと絵が上手くなる
みたいな幻想を持っている人もいたりも
しますね。

 

 

僕自身が4年間美術大学に行って卒業も
しているので、
ここら辺の情報はお伝えできるので
しっかりとお話ししていければと思って
います。

今回は美大に行くこと自体を
僕がオススメしていないのには4つの理由が
あるのでそこについてお話しします。

 

 

その理由というのが

①学費に見合わない
②就職するなら専門学校で十分
③独立して働きたいなら美大で学ぶことは無い
④絵が上手くなるわけではない(原則的に)

この4つです。

 

ではこれらを掘り下げながら1つずつ解説
していこうと思います。

 

美大に行くことをオススメしない理由①学費に見合わない

 

まず個人的に1番感じたのが学費に
見合わないという理由です。

僕の行った美大はかなり有名な美大ですが
4年間で1000万近く費用がかかります。

 

 

これらの費用に見合った授業やカリキュラム、
設備があるのか?というと僕は正直なところ
「無い」と思いました。

4年間通っていましたが、
最終的には就職を勧められたりします。

 

 

いやまぁそれは至極まっとうで良いのですが
それまでの4年間ではアーティストというもの
について教授たちは熱く語っているわけ
ですよ。

なのにアーティストにならずにサラリーマン
になることを最終的に生徒たちに勧めるのは
ちょっとブレてますよね。

 

 

つまり目的意識のないカリキュラムを
4年間も受けるわけです。

何かを達成するための授業ではなく
アーティストごっこをしてなんとなく
アーティスト気分を楽しむような授業。

 

 

最終的には就職すれば?
みたいなことです。

これに学費に見合う価値があるかというと
僕は無いと思ってしまいました。

 

美大に行くことをオススメしない理由②就職するなら専門学校で十分

 

あと先ほど最終的には就職を勧められると
言いましたが、
就職するのであれば個人的には専門学校
で十分だと思います。

ただ就職するためにそんなにコストを
かける必要があるのかというと微妙だと
いうことですね。

 

 

専門学校であれば美術大学よりはるかに
低いコストで専門的なことを学べて
就職もできます。

大手のデザイン専門学校であっても
1/4くらいのコストで通うことが可能です。

 

 

将来何をしていくのか迷っているならともかく
就職して生きていこうと考えているのであれば
個人的にはデザイン系の専門学校にいけば
良いんじゃないのか?と思いますね。

 

美大に行くことをオススメしない理由③独立して働きたいなら学ぶことは無い

 

さて、就職したいのであれば美大でなく
専門学校でいいんじゃない?ということを
言いましたが、
ぶっちゃけ就職せずに個人で働きたいので
あれば余計に美大に行く必要はないと思います。

僕は今現在就職はせずに個人で仕事をして
収入を得て生きていますが、
はっきり言って美大で学んで役に立った事は
何もありません。(反面教師的にはあるかも)

 

 

というのも美大では生きていく術については
一切教えてくれはしないですし、
教授自体が「美大の先生」というサラリーマン
なのでそうした術を知らないのですね。

事実僕が大学1年生くらいの時には、
フリーターになって絵を描いていきなさい、
とはっきり言われました。

 

 

これは事実上「自分たちは仕事の作り方は
分かりません。なのでこの先趣味として
絵を描いてください」
と言われているのと一緒です。

1000万近く払う美大でまさか
1年生でフリーターを勧められるとは
思いませんでした。

 

美大に行くことをオススメしない理由④絵が上手くなるわけではない(原則的に)

 

あと多くの人が勘違いしていますが
美大に行っても絵が上手くなるわけでは
ありません。

基本的に美大に行くとほとんどの生徒は
絵が下手になります。

 

 

というのは授業カリキュラムでは
絵の技術は学ばないからです。
(僕の行った美大では)

あくまで絵の勉強自体は美大に入る前に
やっておいてね!という感じです。

 

 

しかも教授たちは基本的にアメリカの
現代アートの流行を追いたいのか
分からないですが、
普通に絵を描こうとか上達しようとか
すると結構批判されます。

そのおかげで絵を描く生徒はかなり少ない
ですし、誰も興味を持たないような
現代アートもどきに着手する生徒が
量産されるのです。

 

 

僕自身は浪人が長く絵の技術等はある程度
身につけてから学校に入ったので良いですが
現役で入った生徒さんは正直かわいそうだな
と思ってしまいました。

絵が好きで入ったのにも関わらず
よく分からない現代アートもどきを
やらせることになるかもしれないですからね。

 

 

基本的に絵の技術を上げたいのであれば
画塾、絵画教室にいったりして学んだ方が
全然コストもかからず効果を得られると
思います。

 

美大に行くことをオススメしない理由のまとめ

 

さて今回は、
「美大に行くことをオススメしない4つの理由」
という内容でお話ししてきました。

実際に絵を上達させる、絵を仕事にする
という面で考えても美大は必要ない
ような気がします。

 

 

どちらかというと家が裕福な方が
入ってモラトリアムを満喫するための場所
でしかない、というのが僕の美大に対する
イメージです。

なので「美大に行っていないコンプレックス」を
持っている人は本当に気にしなくて良いと
思います。

 

 

美大に行っていないおかげで
お金と時間を無駄にせずに済んだという
メリットを受け取ったと考えましょう。

では今回はここまで。
今日も元気に頑張っていきましょう!

 

プロの絵の描き方が学べる無料7ステップ講座をお渡し中!

※ホームページをご覧いただいているあなたへの特別なお知らせ
↓↓↓

ABOUT US

どうも!絵描きの岡部遼太郎です! 色々なギャラリーや百貨店の画廊などで作品を展示してます。 自分が今まで学んできたことを、絵を観るのが好きな人、絵を描くのが好きな人のために役立てることが出来ればと思っています。 最近は絵画教室の運営に力を入れていて、絵を描くスキルを身に付けたい!絵を描き始めたい!という方をバックアップしています。 よろしくお願いします^^