「期間限定公開」無料アート講座はこちら

画材や絵の描き方がわかる電子書籍を無料プレゼント中!

イラストや絵画など絵を描くのは遅くても問題ありません。【比較、スピードは不要】

どうもこんにちは!画家の岡部遼太郎と言います。

アクリル絵の具で描く絵画作品

 

今回は、
「イラストや絵画など絵を描くのが
遅くても問題ありません。
【比較は不要】」
というテーマでお話ししていこうと
思います。

どういうことかというと自分の絵を描く
スピードが人より遅くてなかなか作品が
仕上がらないとかそういうことですね。

 

 

僕は現在、絵画教室の運営をしていて
今までに入会してくれた生徒さんはここ1年、
2年とかの期間だけでも100人を超えます。

ありがたいことに色々な絵描きさんと
接することが出来て非常に楽しく過ごせて
もらっています。

 

 

そんな中でいただいた悩みの1つに
絵を描くのが遅くて困るというものが
ありました。

早速ですがこの悩みに対する結論を言って
しまうと、
正直全く気にする必要はありません。

 

 

これは適当に言っているのではなく、
いくつかの理由があります。

 

 

まず1つ目が
「絵は描く早さより中身が大事だから」

2つ目が
「基本的にパフォーマンスではないから」
という2つの理由があります。

 

 

このままだとわかりづらいと思うので
少し具体例を出しながら掘り下げて
解説してみようかなと思います。

 
 

【イラストや絵画など絵を描くのは遅い】絵は質に意識を向ける

 

まず絵を描くのは遅くても問題ない1つ目の
理由が、
「絵は質に意識を向けると成長につながる」
というものです。

つまり早く描こうとして質を落とすと
元も子もないということですね。

 

 

僕たちは1枚1枚絵を描くわけですが、
そこでなぜ成長できるのか、上手くなるのか
というと絵の中で自分の欠点を発見するから
だと思います。

自分はこういうところが出来ていない、
だからここを克服しよう!という風に
自己認識できるわけです。

 

 

そうした時に絵を描くのが遅いことを気にして
早く描いても、
自分の出来ない部分というのを見つけられる
のかな?と思うんです。

自分が出来ない部分を痛感する時って
やっぱり真剣に血眼になって絵に向き合った時
だと思うんですね。

 

 

スピードを求めて1枚1枚に対する姿勢が
おろそかになると、
どうしても1枚1枚で欠点を痛感することは
出来なくなります。

もちろん欠点があるのは当然で悪いこと
ではなく当たり前なので、
そこを克服するべきなのかどうなのかは
別のこととして考えないといけない部分
ではあります。

 

 

全てを完璧にこなせる人はいないからです。

 

【イラストや絵画など絵を描くのは遅い】絵はパフォーマンスではない

 

絵を描くのが遅くても良い理由の2つ目が
「絵は基本的にパフォーマンスではないから」
というものがあります。

これはそのままの意味で、
絵は基本的に工程でなく完成を見せるのが
一般的だからということです。

 

 

いくら途中過程が遅くても
完成さえすれば人に見せることが出来るし
別に気にしなくて良いということです。

しかし、
気にしないといけない場合もあります。

 

 

例えば美大の受験の時とかは
制限時間内に作品を描かないといけないので
早く書ける方法や効率性が求められますね。

あとはライブペイントをする場合なんかは
逆に完成ではなく工程を見せることが
目的になりますね。

 

 

そうした場合は観客に短時間で
絵が完成するのを見せるべきなので、
そうしたテクニックを学ぶ必要はあると
思います。

ただこうした部分というのはかなり例外的で
普通は作品をお部屋で描いて、
それを人に見せるという場合がほとんどです。

 

 

なので基本的にスピードは必要なくて
ゆっくりでも良いので自分の作品と
向き合って描いていくのが大事だと思います。

 

【イラストや絵画など絵を描くのは遅い】作品枚数が増えない!

 

ここまでで作品を描くのが遅いと悩む人へ
遅くても構わない理由を解説してきました。

でも中には描くのが遅いと作品枚数が
増えない!という人もいるかもしれません。

 

 

たしかに1年で数枚しか描けないと、
なかなか作品枚数が増えないかもしれません。

しかし実際には歴史に名前を残している
巨匠でもそこまでたくさんの絵を描いている
わけではありません。

 

 

例えばレオナルドダヴィンチとかもそうですし、
フェルメールとかもそうですね。

レオナルドダヴィンチはルネサンス期の
画家ですが、
現在残っているものは40点ほどしか
ありません。

 

 

もちろん残っているものなので実際は
もう少し多いかもしれませんが、
それでも少ないことには変わりないと
思います。

1年に4枚しか描かないとしても
10年でその枚数になってしまいますからね。

 

 

あとはフェルメールとかだと現存するのは
35点くらいです。

実際に描いたのも50点くらいらしいので
かなり少ないですよね。

 

 

巨匠達もこのくらいの作品数で歴史に
名前を残しているので、
そこまで描くのが遅い!ということで
気にしすぎなくても良いのかなと思います。

 

【イラストや絵画など絵を描くのは遅い】早く描くためには?

 

ここまでで
絵を描くのは遅くても問題ありません。
という内容でお話ししてきました。

理由としては
「絵は描く早さより中身が大事だから」
「基本的にパフォーマンスではないから」

この2つあるということです。

 

ここからはこの内容を少し掘り下げて
実際に気にしなくても良いのは分かった
けど早く描きたいという人のために
その方法もお話ししていこうと思います。

実際に早く描けた方が便利な場面というのも
一応あるからですね。

 

 

例えば展覧会をしたいのに描くのが遅い!
となると少し困るかもしれませんよね。

僕も個展前などにはたくさん描かないと
いけなくなって結構忙しくなったりします。

 

 

僕も絵を描くのはそこまで早い!という
感じではないですからね。

それでも工夫次第で枚数を揃えたり
することはできます。

 

 

具体的な例も踏まえて解説していこうと
思います。

 

【イラストや絵画など絵を描くのは遅い】小さい絵も描く

 

早く作品を描くための工夫の1つは
例えば大きい絵だけでなく小品もしっかり
揃えるとかですね。

当然大きい絵の方が描くのに時間が掛かります。

 

 

なので小さい絵も描いていくとたくさんの
枚数を描くことができるようになったりします。

僕であれば10センチの絵とかも描いたり
しています。

 

 

そのくらい小さければ意外と早く描くことも
できたりします。

僕が周りを見ていると規格サイズのキャンバス
だけで描こうとしている人もいます。

 

 

それだと1番小さくても0号キャンバス
とかなんですよね。

0号だと180×140というサイズになります。
短辺で14センチですね。

 

 

しかし自分で板を切ったりロールキャンバス
を切って作ったりすれば、
それよりも小さいサイズでも描けるわけです。

僕の知り合いの画家とかだと5センチとかの
サイズに描いている人もいます。

 

 

もちろんそれは早く描けるからというだけの
理由ではありませんが、
そうして自分でキャンバスを用意すれば
速度は調整できると思います。

 

【イラストや絵画など絵を描くのは遅い】画材を見直す

 

あともう一つが画材を見直すという部分
ですね。

僕は実際、油絵科の美大受験をしていましたが、
油絵などは乾燥させるだけで数日かかるので
アクリル絵の具を研究し始めました。

 

 

油絵科の受験だけど油絵を使えるだけの
日数は受験では用意されていないのが
面白いところですね笑

アクリル絵の具を研究すると面白いことに
油絵の具と同じような使い方が工夫することで
できることが分かってきました。

 

 

こうした部分のスキルを身につけることで
より短時間で描けるようになっていきました。

油絵で1層塗って乾くのに大体3日かかります
が、アクリル絵の具の場合10分かかりません。

 

 

どれだけ早いかわかると思います。

特にこうした部分の特性を使うと
油絵の重層化させて描いていくような伝統的な
技法を、超短時間で再現できてしまうので
かなりメリットが大きいと思います。

 

あえて無駄に時間をかける必要は
ないですからね。

 

まとめ

 

今回は
絵を描くのは遅くても問題ありません。
という内容から掘り下げて、
それでも早く描きたい人に方法も説明
してみました。

 

 

まとめると
「絵は描く早さより中身が大事だから」
「基本的にパフォーマンスではないから」

こうした理由で
絵は描くのは遅くても大丈夫ですという
ことと、
早く絵を描いていきたいのであれば
小さい絵も描いたり、画材も見直したりできる
ということですね。

 

 

是非参考にしていただけたらと思います。

それでは今回はここまで。
今日も元気に頑張っていきましょう!
バイバイ!

プロの絵の描き方が学べる無料7ステップ講座をお渡し中!

※ホームページをご覧いただいているあなたへの特別なお知らせ
↓↓↓

ABOUT US

どうも!絵描きの岡部遼太郎です! 色々なギャラリーや百貨店の画廊などで作品を展示してます。 自分が今まで学んできたことを、絵を観るのが好きな人、絵を描くのが好きな人のために役立てることが出来ればと思っています。 最近は絵画教室の運営に力を入れていて、絵を描くスキルを身に付けたい!絵を描き始めたい!という方をバックアップしています。 よろしくお願いします^^