「期間限定公開」無料アート講座はこちら

画材や絵の描き方がわかる電子書籍を無料プレゼント中!

画力や絵の上手さは才能なの?遺伝と努力の関係を優しく徹底解説!

どうもこんにちは!画家の岡部遼太郎と言います。

アクリル絵の具で描く絵画作品

 

こんにちは!岡部です。

今回は、
「画力や絵の才能は遺伝するのか?」
というテーマでお話ししていこうと
思います。

 

↓Youtubeで解説してます↓

岡部
動画でも話してるので、文章読むのが面倒な方は動画をラジオ的な感じで聞いてもらえればと思います^^またチャンネル登録して頂けると最新の情報を受け取れます!こちらをクリック!

 

つまり絵の上手さやなどと科学的な遺伝
による才能の関連性ですね。

このテーマについて話そうと思ったのは
以前展覧会をした際に、
お客さんとそのような話をしたからです。

 

 

親も絵描きさんなの?とか
芸術家系なの?みたいな質問をされたん
ですね。

しかしながら僕の親も兄弟も絵を描く人は
いません。
僕だけが絵を描く事が好きで描いています。

 

 

なので個人的には親から遺伝して絵が得意、
みたいな事ではないと思っています。
こうしたことも含めて話ができればと
思っています。

で、今回の話を聞くことで
絵を上達するときに生まれつきの才能が
必要なのか?努力と才能の関係などについて
分かるようになると思いますので
是非聞いてみてください。

 

 

【絵の才能】分野によって遺伝の影響力は違う

 

分野によって遺伝の影響力は異なります。

分野というのは芸術、スポーツ、学問など
のことですね。

 

 

想像すると簡単に分かりますが
スポーツは遺伝の影響がかなり大きいです
よね。

短距離走とか観てると黒人には絶対に
敵わんだろコレ・・・
とか思ったりします。

 

 

実際黒人の作った記録を抜けていませんしね。

ここまでではありませんが芸術や学問にも
遺伝は影響するというデータがあるそうなので
具体的に見ていこうと思います。

 

【遺伝と努力】絵の才能に対する遺伝

 

で色々な研究データ等による発表を
探してみていくと、
絵の才能は大体どこでも50パーセントくらい
と言われているようです。

遺伝が全く関係なくはないが、
後天的に伸ばせる能力だということらしいです。

 

 

たしかにそうですよね。

僕も高校に入るまでは絵は好きではあったけど
上手いわけではなかったし、
実際に能力が伸びたのも訓練をしたからです。

 

 

16歳くらいから今に至るまでずっと
学んできたので、
そりゃ上達するよね、という感じです。

また才能があって子供の頃に周りから
才能がある!と思われるような子でも、
その後描かなくなって能力を伸ばせないと
いうこともあるようなので難しい部分
だと思います。

 

 

遺伝的な才能がなくても、
ずっと描き続けるような環境で育てば
後天的な伸び代が先天的な才能を追い越す
ということもあるからですね。

また、一番最強なのは才能もあって努力もする
というタイプだと思いますが、
才能があっても努力をしなければ
50パーセント止まりな訳です。

 

 

こうした意味でも努力は必須だというのが
分かりますね。

 

絵の遺伝的能力と才能には色々な要素がある

また単純に絵の才能といっても
色々な要因によって決まっているらしいので
複雑だったりします。

例えば、
・空間の認知能力
・色彩感覚
・記憶力
・想像力

などなど、
「絵の才能」を組み立てている能力にも
色々な要素がある事がわかります。

 

 

今の時代で言えば単純に絵の才能を
活かすといっても色々な道があると思います。

デザイナーとかの仕事もありますが
なんのデザインをするのかという点でも
色々な選択肢がありますよね。

 

 

広告のデザインだったりゲームデザイナー
だったりとか。

漫画家、画家、映像クリエイターなど
視覚表現の能力を活かした仕事は
多岐に渡ります。

 

 

漫画家だったらきっと色彩感覚とかより
想像力の部分を伸ばした方が良いでしょうし、
仕事によっても伸ばすべき部分は違うと
思うのです。

 

絵以外の分野における遺伝的能力と才能

 

他の分野における遺伝でいうと、
スポーツは身体的特徴も関係してくるので
非常に影響が大きいのは想像がつきますね。

しかしそれを大きく上回り遺伝の影響が
大きいとされるのが「音楽」らしいです。

 

 

音楽の能力はなんと9割ほどが遺伝で
決まっているらしいです。

これは一卵性双生児を用いた生後環境を
利用した実験の結果で明らかになっている
データです。

 

 

個人的には本当なのかな?と疑問に
思ったりもしますが、
そういうデータもあるらしいという事ですね。

また数学などの分野でも8割以上が遺伝
によって決まる能力だと言われている
ようですね。

 

 

絵などの文化は遺伝的才能がある人のためのものではない

 

こうして美術は50パーセントほどが
遺伝的才能で、
音楽などはほぼ生まれつきの才能によって
決まるというのを聞くと少し嫌な感じが
しませんか?

僕個人は努力することにかなりの時間を
費やしてきた人間なので、
人に才能があるんですね、みたいに言われると
あまり嬉しくはないタイプです。

 

 

どちらかというと努力を認めてもらった方が
嬉しいというか。

まぁそれはともかくとして、
僕は文化において才能がある人が偉い
みたいな風潮は少し違うかなと思います。

 

 

たしかに芸術的な作品等を生産するのは
アーティストだったりしますが、
その芸術文化を支えるのはあくまで消費する
経済的に消費してくれる人たちだからです。

この時代にいくら才能がある人が音楽を
作ってもCDというメディアで売っていたら
売れないですよね。

 

 

あくまで消費されることで作品も広まるし
それを消費してくれる人がいてこそなのです。

 

【才能と努力】絵の能力を効果的に伸ばすには

さて、ここまでで
「画力や絵の才能は遺伝するのか?」
というテーマでお話ししてきました。

絵に関してはほとんど遺伝要因は
50パーセント程で努力によって伸ばす余地が
かなり大きく残っているということですね。

 

 

ここからは少しこの内容を掘り下げて、
絵の能力や才能を効果的に伸ばすには
どうすれば良いのかという部分を
お話ししていこうと思います。

まず結論から言ってしまうと、
能力を伸ばす際に大事になるのは目標から
逆算する効率性だと思います。

 

 

これだけだと少し意味がわからないと
思うので具体的にお話ししてみようと
思います。

 

【夢・才能・努力】どんな絵の能力が必要なのかをはっきりさせる

 

まず一言に絵を描く才能とか能力とか言っても
色々な分野の方向性があるので一概には
言えません。

例えば、漫画家と画家では必要な能力が
違いますし、
イラストレーターと漫画家でも違いますよね。

 

 

また一言にイラストレーターとか言っても
写実的なイラストなのかシンプルな可愛い絵
なのかによっても求められるスキルは
違います。

なので目標を決められるとそれに対して
どんな訓練をしようか、と考える事が
できます。

 

 

いつまでも上手くならないという人は
自分がなんのために練習したり学んだり
しているのかはっきりしていない人が
多いです。

そこは非常に大事な部分なので、
まず最初のうちにあるていど考えておくと
いいです。

 

 

漫画家になりたい人、
イラストレーターになりたい人、
画家になりたい人・・・
など色々な人がいると思いますからね。

 

【目的と才能・努力】自分が何を目指したいか分からない

 

で、こうした話をするとたまに
「自分の目標とかよく分からないです」
みたいな人もいます。

たしかにぼんやりと絵が好きだから絵の練習を
しようみたいに考えると難しいかもしれません。

 

 

もちろん最初絵を描き始める時から
目標がはっきり決まっている方が珍しい
ので別に構わないと思います。

そういう時は自分が何で絵を描き始めたのか、
何がきっかけだったのか、始めるきっかけを
作るものは何だったのか?などを思い出して
みると良いと思います。

 

 

僕の場合だと絵に本格的にのめり込む
きっかけになったのは、
絵画というよりはコンセプトアートとか、
そういったゲームや映画デザインとかでした。

映画やゲームを作るときに、
架空の世界をビジュアル化させるために
最初にコンセプトデザインとかを作るのですが
そうしたものを見るのが好きだったんですね。

 

 

なので架空の風景や建物とかを描いていました。

好きなものを描いたり追求したりすると
それに必要な技術は描いていくうちに
伴ってきます。

 

 

その逆に好きでもないものを描いたり
好きでない部分の技術を上げようとしても
一向に上手くならなかったりします。

なので自分の方向を定めてあげるというのは
結構大事なんですよね。

 

まとめ

 

さて、今回は
「画力や絵の才能は遺伝するのか?」という
テーマについてお話しして、
遺伝と努力の関係についても考えてみました。

上手く書けない頃は
絵なんて才能だ!チクショーとなってしまい
がちですが実は50パーセントくらいしか
関係していないらしいです。

 

 

バリバリ才能がなくても努力でカバーしていく
ことは全然可能だと思います。

僕も美大に5浪して入ったくらいですからね。

 

 

では今回はここまで。
今日も元気に頑張っていきましょう!
バイバイ!

プロの絵の描き方が学べる無料7ステップ講座をお渡し中!

※ホームページをご覧いただいているあなたへの特別なお知らせ
↓↓↓

ABOUT US

どうも!絵描きの岡部遼太郎です! 色々なギャラリーや百貨店の画廊などで作品を展示してます。 自分が今まで学んできたことを、絵を観るのが好きな人、絵を描くのが好きな人のために役立てることが出来ればと思っています。 最近は絵画教室の運営に力を入れていて、絵を描くスキルを身に付けたい!絵を描き始めたい!という方をバックアップしています。 よろしくお願いします^^