画材や絵の描き方がわかる電子書籍を無料プレゼント中!

画家になると時間を最高に自由に使える!メリットと理由を徹底解説!

どうもこんにちは!画家の岡部遼太郎と言います。

アクリル絵の具で描く絵画作品

最近僕はイタリアの遺跡や風景を取材して
絵を描いたりしています。

オススメの1つはあのバベルの塔の
元になったコロッセオですね。

とても大きくて迫力のある遺跡です。

 

さて、今回の記事では
「画家になると最高に時間を自由に
使えるよ」

というテーマでお話ししていこうと
思います。

 

 

時間が自由に使えるかどうかというのは
絵を描く人にとって大事な要素かなと
思います。

日々やりたくない仕事に追われてなかなか
絵に取り組めないという方も僕は
たくさん知っています。

 

 

特に美大を出たけどアルバイトや会社勤めで
すっごく忙しくて絵が描けなくなって
しまったという方も身の回りにいますね。

そこで絵を仕事にする事ができると
時間が自由に使えるんだよ、
というテーマでお話ししてみたいなと
思いました。

 

 

これから絵を使って仕事をしてみたい!とか
独立して働きたい!という方には是非
読んでみて欲しい内容になっています。

この記事を読む事でどうして時間に自由を
作れるのかがわかるので是非最後まで
読んでみてくださいね。

 

プロの画家、絵描きになるというのはどういうことか?アルバイトや会社員との違いは?

 

さて、まず最初にプロの画家、絵描きというと
あなたはどんなイメージを持っている
でしょうか?

世の中的には結構リスキーとか、
絵が描けるだけで食べていけるほど甘くない
という言葉が聞こえてきそうな気がしますね。

 

 

たしかに、実際なんの努力もせずに
何も考えずに絵が描けるだけでは収入を
得たり生活したりするのは難しいです。

何故だか分かるでしょうか?

 

 

画家、絵描きというのは、
絵を使って仕事を自分で組み立てて
いかないといけません。

会社員やアルバイトをして働く場合、
責任は伴いますが基本的に決められた時間内
で与えられた仕事をこなせばお金が入らない
ということはないでしょう。

 

 

しかし自分で絵を仕事にしていこうと
思ったらそうはいきません。

人に言われて命令を受けてこなす仕事では
ないからです。

 

 

自分で目標を立てたり、制作をして、
さらに戦略を立てて生きていく事が
求められます。

ここはサラリーマンやアルバイトで
収入を得て生きていく場合と大きく違う所
ですよね。

 

 

簡単に言ってしまえば、
「フリーランス」ですよ、という事ですね。

個人事業主とも言いますね。

ここは大前提として頭に入れておかないと
いけないですね。

 

 

多くの方は絵の仕事だけで自分で収入を得る
事を目指しながら勤めて収入を得ていますが
フリーランスになるということは、
こうした厳しさもあるということです。

 

・・・と、厳しいことを言っていますが
僕は実際自分で絵の仕事を組み立てながら
収入を得て生きていくことは出来ているので
是非僕からの情報を参考にしてみてください。

 

画家になることで時間にどのような変化が生まれる?

 

さて、フリーランスとして絵を仕事にする
事ができると時間的に自由になっていきます。

これは人に雇われて働く場合と大きく違う
部分です。

 

 

何時に会社へ言って何時まで働く・・・
というような決まりごとの元で働く生活とは
全く異なるからですね。

これは僕がフリーランスの絵描きになって
一番大きく感じるメリットでもあります。

 

 

それまでは決まった時間に決まった時間内を
アルバイトなどをして生きていました。

絵を描く人間なら誰でもそうだと思うのですが
はっきり言って無駄に働きたくないんですよ。

 

 

その時間を制作に当てたい・・・、
絵を描きたい。

それが本音だと思います。

 

 

今現在僕が絵の仕事だけで
フリーランスとして働く事ができるように
なって好きなだけ制作ができるように
なりました。

そのおかげで制作時間を好きなだけ取れる
ようになったんですね。

 

フリーランスの絵描きになることで感じたメリット

 

フリーの画家、絵描きになると
制作時間を好きなだけ使えるようになる
というのは非常に大きなメリットですが、
1日のスケジュールを自由自在に決められる
というのも大きく感じるメリットですね。

 

つまり、

・朝起きる時間
・寝る時間
・仕事を始める時間
・仕事を終える時間
・遊ぶ時間

 

こうした時間は全て自分の意思で自由に
決める事ができるという事です。

 

 

僕は正直かなり朝が弱い人間なので
早朝出勤は本当に苦手です。

なので朝はそこまで早起きはしないです。

 

 

どうしても眠い時は遅くまで寝ることも
ありますね。

出勤の遅刻とかいう概念がそもそも無いので
これはありがたいです。
誰にも怒られませんからね。

 

 

眠い目をこすって朝の満員電車に揺られる
生活から抜け出せたということです。

ちなみにこの記事は朝にお気に入りのカフェ
でコーヒーを飲みながら書いています。

 

画家になることで得られる人生設計の自由度

 

1日のスケジュールだけでなく、大きな
人生設計を自分で決断していけるというのも
フリーランスの画家、絵描きになると
得られるメリットです。

 

 

安定した収入を得られるように仕事を
組み立てられるようになると、

「今はコレをしたいからこっちの仕事は
休みにしよう」

みたいなことも自分で決められるように
なります。

 

 

例えば大きな作品をじっくり描くために
しばらくは展示活動を休もう!
みたいな決定も自分なりに決めていける
ようになるという事です。
(自由に働ける仕事の組み立て方については
他の記事を読んでみてください)

 

あとは海外に長い期間渡って勉強しにいこう
とかそういう計画も立てられるように
なりますね。

 

 

僕であれば思い立った時に
海外に絵のスケッチをしにいったり、
絵のネタ探しに行ったりもしています。

会社員などをしているといきなり1ヶ月
海外に行ってきます!みたいなことは
出来ません。

間違いなくクビですよね。

 

 

しかしフリーの画家、絵描きになって
しまえばそんなことに怯えることなく
自由に働くことも出来るということ
なんですね。

 

まとめ

 

今回の記事ではフリーランスの画家、絵描き
になることで僕が実際に得る事が出来た
「時間的な自由」についてお話ししました。

僕個人としてはどんな物よりも時間ほど
大事なものはないと思っています。

 

 

お金とか物というのは無くしたところで
後で取り返す事ができる場合がほとんど
です。

しかし時間はどれだけ努力しても
後で取り返すというのは絶対に出来ませんよね。

 

 

だからこそフリーで絵の仕事している今
物凄くその価値を感じています。

時間がある事で海外に行って絵の取材を
したり貴重な経験を積んだり、
時間のかかる絵にじっくりと取り組んだり
する自由を得る事が出来ました。

 

 

また時間を使って仲間の画家と
これからの戦略について相談しあったり、
これから絵を上達したい、
絵を仕事にしたいという方の相談にも
乗る事が出来ています。

 

僕としては1人だけで絵を描いたりしていても
あまり楽しくないので、
仲間とそうした時間を使って切磋琢磨したり
遊んだりできるというのは有意義な事です。

 

 

他の絵描きさんが頑張っていると自分も
もっと頑張らないとといつも思っている事が
できますしね。

 

それでは今回の記事はここまで。

また次回の記事でお会いしましょう!

 

プロの絵の描き方が学べる無料7ステップ講座をお渡し中!

※ホームページをご覧いただいているあなたへの特別なお知らせ
↓↓↓

ABOUTこの記事をかいた人

どうも!絵描きの岡部遼太郎です! 色々なギャラリーや百貨店の画廊などで作品を展示してます。 自分が今まで学んできたことを、絵を観るのが好きな人、絵を描くのが好きな人のために役立てることが出来ればと思っています。 最近は絵画教室の運営に力を入れていて、絵を描くスキルを身に付けたい!絵を描き始めたい!という方をバックアップしています。 よろしくお願いします^^