「期間限定公開」無料アート講座はこちら

画材や絵の描き方がわかる電子書籍を無料プレゼント中!

【実体験】仕事から趣味を作ると日常が楽しくなります【絵と過ごし方】

どうもこんにちは!画家の岡部遼太郎と言います。

アクリル絵の具で描く絵画作品

 

今回は、
「仕事から趣味を作ると日常が
楽しくなります」
というテーマでお話ししていきます。

このテーマは最近僕が意識的に考えている
ことなのですが、
仕事から趣味を作って派生させていくと
日常が充実するという考え方があります。

 

 

仕事というのはきっとどんな事でも
きつくなったりストレスを感じたりする
ことはあると思います。

そんなときに仕事に関わる楽しめる趣味を
持っていると、
仕事も楽しくなったりするんですね。

 

 

もちろん人によって仕事は異なるので、
一概にどんな趣味がいいとかは言えない
のですが、
今回は僕の最近の趣味とかについても
一緒にお伝えしながら具体的にお話し出来たら
と思います。

この話を聞く事で現在の仕事を少しでも
楽しめるようになったり、
ストレスが減ることにつながると思うので
是非参考にしてみてください。

 

 

では早速始めていきましょう。

 

僕の絵の仕事から生まれた趣味とは

まず、具体例として僕が仕事をしていて
そこから生まれた趣味について少し
お話ししていきますね。

 

 

僕の仕事は

・絵を描く
・文章を書く(ブログやメルマガ)
・動画を撮影して編集する
・展示活動で出張(最近は少ないけど)

こうした作業がメインです。

 

 

僕は絵を描くことは好きでずっとやって
きたので特に何もストレスとかは無かった
んですけど、
文章を作ったり動画の編集をしたりするのは
結構最初はきつかったです。

文才もないしパソコンにも詳しく無かった
からです。

 

 

あと度々展示活動で出張に行くのも
結構大変でした。

1週間立ちっぱなしで来てくれる方に
作品の解説とかを休みなしで行なったり
する感じだからです。

 

 

しかしこうした苦手な部分の仕事から
少し趣味を作る事で、
楽しく仕事が出来るようになっていきました。

ここを掘り下げてお話ししてみますね。

 

【絵の仕事】文章を作ることから生まれた趣味

 

まず文章を作る仕事ですね。

最初僕はブログを頑張ることで色々な人に
作品を見てもらったり、
存在を知ってもらおうと毎日のように
文章を頑張って書いていました。

 

 

基本的にブログの文章って情報量が大事で、
悩みを持って検索してきた人へ答えを書いて
いかないといけません。

これが結構大変で、
最初の方とかは1週間以上かかって
ようやく1記事とか2記事とか書くみたいな
感じでした。

 

 

もちろん最近は毎日書いてきたので
毎日このようにメルマガを書くことも出来て
います。(決して楽ではないですが笑)

で、こうした作業をする時って僕は
大概外のカフェに出かけてやるように
してました。

 

 

僕は意志の弱い人間なので、
家だとテレビ見たりとか他のことに気を
取られてしまうためです。

そうして色々なカフェに行ったりとかして
たんですね。

 

 

そうするとそのうちカフェって楽しいなぁとか
コーヒーって美味しいなぁとか思うように
なりました。

カフェに行くのが趣味になったり
コーヒーを飲むのが趣味になった感じです。

 

 

最初はカフェとかは結構意識の高い人が行く
イメージがあって苦手だったのですが、
最近はかなり好きになりました。

最近だとコーヒー屋さんでコーヒーの豆を
買って家で引いて飲んだりもしています。

 

 

こんな感じで苦手な文章を書く仕事でも
そこから楽しい部分を作ると、
苦手な仕事を始めるのも少し楽しくなった
んですね。

 

【絵の仕事】パソコン作業から生まれた趣味

 

次に僕が苦手だったのがパソコン作業です。

元々アナログ人間なのでパソコンとか
そこまで沢山触る人間じゃ無かったんですね。

 

 

そんな中でブログの立ち上げ、
動画撮影、動画編集とか色々やり始めた
ので最初は大変でした。

ショートカットキーとか覚えられないし、
用語もわからないので全部ネットで調べながら
やってた感じです。

 

 

パソコンソフトのガイドブックとかも
買ってましたね。

そうこうしていると不思議なことに
パソコン自体が少し面白くなってきて、
新しいパソコンを買う時とかちょっと
楽しかったんですね。

 

 

今だと僕はMac book proを使って仕事を
しているのですが、
そこからアップル製品にはまったりして
ガジェット好きになってしまいました。

スマホもイヤホンもアップル製品を
使ったりしています。

 

 

色々苦手なことに取り組んでいくうちに
道具が仕事を大幅に効率化してくれることに
気が付いて楽しくなっていったんですね。

苦手なことから新しい視点やきっかけが
生まれることもあると思います。

 

【絵の仕事】出張で生まれた趣味

 

次に苦手だったことが「出張」です。

今だと僕は自身で作品販売などをしているので
そこまでよそで展示をしていないのですが、
以前は1年で8〜10回とか展示をしてました。

 

 

そのうちのほとんどが遠くに出張しにいく
必要があったんですね。

大阪とか広島とか色々なところでやって
ました。

 

 

それが結構体力を消耗して個人的に
きつかったんですね。

1日中ずっと立っていてみてくれる方に
作品の解説をしてっていうのを1週間
やらないといけなくて、
普段座り仕事の自分にはきつかったんです。

 

 

ただこうした出張も趣味を見つけることで
楽しくなりました。

僕は割と食べたり飲んだりするのが好き
だったので、
出張のたびに面白い店がないかな?と
探索をするようになりました。

 

 

これが結構楽しい趣味になったんですね。

元々1人でそこまで色々なお店を巡ったり
する方では無かったので、
これは出張のおかげで新しく見つけた趣味
だと思っています。

 

 

特に地方でしか飲めない地酒とかを飲むのは
楽しいですね。

 

仕事から趣味を作るコツは視点を切り替えること

 

ここまでで僕が今まで苦手だった仕事から
趣味を見つけたお話をしてきました。

趣味を見つけることで結構苦手だった仕事も
楽しくなります。

 

 

今もキーボードを打ってこの文章を書いて
いますが、
以前だったらきつくて絶対にやりたく無かった
はずです。

しかし少しパソコンとかに興味を持てる
ようになってから楽しくなりました。

 

 

で、結局こうした仕事から趣味を見つけるコツ
というのは「視点を変える」ことだと僕は
思っています。

視点を変える、つまり仕事の中で
つまらない部分にばかり目を向けるのでなく
面白い部分を自ら見つけていくという
ことです。

 

 

仕事の視点を変える方法【絵の生活】

 

視点を変えるには、
その苦手な仕事に付随する関係ない部分に
目を向けると良いですね。

 

 

例えば先ほどの例で言えば

・文章苦手→仕事場のカフェが好きになる
・パソコン苦手→効率化できるのが楽しい
・出張苦手→仕事終わりの飲みが楽しい

こんな感じです。

 

 

本来そこまで仕事と関係ない部分によって
仕事が少し楽しくなっているような感じですね。

こういう発見ができるようになってくると
どんな仕事でも楽しみ方はある!と
思えるようになると思います。

 

 

わりとポジティブ感強目の考え方ですが、
僕は大事だと思いますね。

 

まとめ

 

さて、今回は
「仕事から趣味を作ると日常が楽しく
なります」
というテーマでお話ししてきました。

仕事が楽しくなれば日常が楽しくなると
思うので僕的には大事な事だと思っています。

 

 

では今回はここまで。

今日も元気に頑張っていきましょう!

プロの絵の描き方が学べる無料7ステップ講座をお渡し中!

※ホームページをご覧いただいているあなたへの特別なお知らせ
↓↓↓

ABOUT US

どうも!絵描きの岡部遼太郎です! 色々なギャラリーや百貨店の画廊などで作品を展示してます。 自分が今まで学んできたことを、絵を観るのが好きな人、絵を描くのが好きな人のために役立てることが出来ればと思っています。 最近は絵画教室の運営に力を入れていて、絵を描くスキルを身に付けたい!絵を描き始めたい!という方をバックアップしています。 よろしくお願いします^^