グループ展 「FOUR ELEMENTS」 2020年3月25日(水)~31日(火)

画材や絵の描き方がわかる電子書籍を無料プレゼント中!

イラスト受注で収入を得たい人に方法を解説します【絵の仕事を獲得】

どうもこんにちは!画家の岡部遼太郎と言います。

アクリル絵の具で描く絵画作品

 

こんにちは!岡部です。

今回は
「イラスト受注で収入を得たい人に方法を
解説します」
と言うテーマでお話しします。

 

 

世の中には多くのイラストを描く人が
いますよね。

そしてそれを仕事にしてみたいという人も
いると思います。

 

 

また、そうしたスキルを持っている人に
仕事を頼みたいと思っている人も世の中には
多くいます。

こう言う人たちは今かなり増えているんです。

 

 

と言うのも個人で発信活動する人は
めちゃくちゃ増えているからなんですね。

僕自身ネットでの発信にはかなり力を
入れています。

 

 

最初の頃と比べてブログなども多くの人が
みてくれるようになりました。

そして僕はこうした発信をするときに使う
イラスト等は自分で描かないので、
イラストレーターさんにお金を出して
やってもらいます。

 

 

時間はなるべく自分の作品や発信に
使いたいからです。

こんな感じで僕自身イラストレーターさんには
お世話になったことがあると言うことなん
ですね。

 

 

そのくらい身近にイラストを必要としている
人はいるんです。

こうした現状を踏まえつつ、
イラスト受注で仕事を作る方法を解説して
いこうと思います。

 

 

今回の話を聞くことで、
より絵を仕事にする基盤を作っていくことが
できると思うので是非参考にしてみて
ください。

 

【絵の受注】イラストを仕事にできる理由と根拠

で、まず初めに今回の話の根拠をすこし
掘り下げてお話ししていこうと思います。

つまりなぜ今の時代がイラストを仕事に
しやすいのか?
と言うことですね。

 

 

まず先ほども言ったように
ブログやyoutube、SNSなど様々なメディアで
多くの一般の人も容易に世界に向けて発信
できる時代になっていますよね。

で、これらのメディア発信にはイラストの要素
も必要になってきます。

 

 

例えばアカウントのアイコンや、
ブログのロゴやヘッダーにイラストを使う
人は多いです。

また動画でもイントロに使うイラスト、
キャッチ画面にイラストを使う人など
多くの場面でイラストを使う人がいるわけです。

 

 

そしてこうした流れはこれからさらに
加速していきます。

ブログを始める人は増えているし、
新しくyoutubeを始めたい人なども
どんどん増えていますよね。

 

 

きっとこれから新しいメディアも増えて
いくことでしょう。

発信を始めることが仕事になると言う事に
多くの人がドンドン気づいていくからです。

 

 

なのでイラストの需要は今後も高まると
思います。

イラストを効率よく受注して仕事にする流れ【絵の受注】

 

で、まず最初にイラストを効率よく受注して
仕事にしていくには少しコツがいります。

というのもまず
・実績
・採用
この2つが必要になってくるからです。

 

 

実績というのは今まで行ったことのある
仕事ですね。

「こういう仕事をしてきたので得意ですよ〜」
と、アピールする必要があります。

 

 

そして次に
採用です。

実際に実績を掲示して、
それをみた人が実際にこちらに仕事を
振ってくれるようにしなくてはいけません。

 

 

この2つが欠かせないということですね。

もちろん今までにキャリアを積んできた
ことのない人に必要なものと言うことですね。

 

 

今までに仕事をしてきた人であれば
リピートで受注したりもできるし
実績にも困ることはないでしょう。

なので実際にイラストの仕事がない人の
始め方という観点で深掘りしてお話しして
いきます。

 

【イラストの仕事受注方法】ウェブサービスをうまく活用しよう

 

身の回りにイラストを必要としている
依頼主がいればそこで仕事をするのが
一番手っ取り早いです。

しかしなかなか運が良くないとそれは
ないと思います。

 

 

なのでまずはウェブサービスを活用して
仕事を取るのが良いかなと思います。

この時にオススメなのが「ココナラ」などの
サービスです。

 

 

依頼主がイラストレーターなどを探して
ウェブから仕事を依頼できるサービスです。

で、こうしたサービスを使って仕事を
募集していくわけですが、
ここにもコツがあります。

 

 

①過去の作品をちゃんとたくさん載せておく
②値段は相場よりかなり落としておく
③作品の特徴を言語化してアピールする

このような感じです。
少し掘り下げて解説します。

 

【絵の受注】イラスト仕事の受注を成功させるためのコツ

 

まず①の過去の作品をちゃんと載せておく
という部分です。

こうしたサイトは過去の作品等を
載せてみてもらうことができます。

 

 

「こんな作品がありますよ。
こんなものが作れますよ。」

みたいな感じです。

 

そして自分の欲しいものにマッチしている
依頼主が応募してくれるわけです。

なので作品をできるだけたくさん掲載して
おかないと、
検討もしてもらえません。

 

 

で、次が②の値段は相場よりかなり落として
おくという部分です。

実績がまだない場合は早急に実績を作るのが
重要です。

 

 

他の人からの評価が増えれば増えるほど
仕事の依頼確率が高まるからです。

なのでまず最初はお金は捨てて、
できるだけ実績を積みましょうということ
ですね。

 

 

実績がない段階で相場と同じ値段で
勝負しても他の人に負ける確率が高いです。

ここも重要な部分ですね。

 

 

で次が③の作品の特徴を言語化してアピール
するという部分です。

自分の作品の特徴をちゃんと言葉にして
アピールしておきましょう。

 

 

「かわいい女性向けのイラスト」とか
「クールで爽やかなイラスト」とか
わかりやすく伝えましょう。

例えばかわいいイラストを描いて欲しい人が
イラストレーターを探している時に、
かわいい絵が得意です!とアピールしている
人がいれば高確率で依頼してくれますよね。

 

 

こういう部分も大事ですね。

 

【絵の収入】イラストと絵画の仕事の違いについて

 

ここまでで、
イラスト受注で収入を得たい人にむけた方法を
解説してみました。

ここからは
イラストと絵画の仕事の違いについても
少しお話ししていこうと思います。

 

 

基本的にイラストと絵画の仕事であれば
個人的にはイラストの仕事の方が簡単に
収入を得ることができると思います。

というのもイラストには明確な使用用途が
あることがほとんどだからです。

 

 

ブログのイラストが欲しい
SNSのアイコン画像が欲しい
動画に使うイラストが欲しい・・・

こんな感じで何に使うのか?という目的が
あって、
それに対して絵を描いて解決していくという
のがイラストの仕事です。

 

 

それに対して絵画っていうのは明確な
目的があって買うものではないと思います。

その絵が好きだから買うとか、
作者の考え方が好きだから買うとか
そういう部分に購入目的があると
思うんです。

 

 

少なくとも僕が絵を買うときはそうですね。

そう考えるとイラスト受注の方が
比較的仕事にするには楽だと思います。

 

 

もちろん単純にイラスト受注だけを仕事に
するのでなく、
イラストの技術を教えたりとかそういうことも
仕事になるので、
色々なことにチャレンジしてみるのが
良いと思いますよ。

 

まとめ

 

さて、今回は
「イラスト受注で収入を得たい人に方法を
解説します」
というテーマでお話ししてきました。

①過去の作品をちゃんとたくさん載せておく
②値段は相場よりかなり落としておく
③作品の特徴を言語化してアピールする

 

 

ここら辺が重要な部分ですね。
是非参考にしてみてください。

では今回はここまで。
今日も元気に頑張っていきましょう!

 

ではでは!

プロの絵の描き方が学べる無料7ステップ講座をお渡し中!

※ホームページをご覧いただいているあなたへの特別なお知らせ
↓↓↓

ABOUT US

どうも!絵描きの岡部遼太郎です! 色々なギャラリーや百貨店の画廊などで作品を展示してます。 自分が今まで学んできたことを、絵を観るのが好きな人、絵を描くのが好きな人のために役立てることが出来ればと思っています。 最近は絵画教室の運営に力を入れていて、絵を描くスキルを身に付けたい!絵を描き始めたい!という方をバックアップしています。 よろしくお願いします^^