「期間限定公開」無料アート講座はこちら

画材や絵の描き方がわかる電子書籍を無料プレゼント中!

商品販売を行う際に気をつけるべきモンスタークレーマー【対処法解説】

どうもこんにちは!画家の岡部遼太郎と言います。

アクリル絵の具で描く絵画作品

 

こんにちは!岡部です。

今回はどちらかというとこれから
自分で販売を行なっていきたいと考えている
人へ向けて書いていきます。

 

 

「商品販売を行う際に気をつけるべき
モンスタークレーマー」
という内容です。

僕のブログを読んでくれている中には
これから僕のようにウェブを使って集客して
イベントの周知や商品販売につなげていきたい
と考えている方もいるでしょう。

 

 

僕としてはこの仕事をしている事によって
ホームページでアクセスを集められたり
収入につなげられるようになっている方が
現れているのでとても嬉しいですし
誇らしいです。

しかしウェブを使って商品販売をしていると
常識を持ち合わせていないお客様とお会いする
事もあります(この場合お客様では無いですが)

 

 

こうしたケースはホームページのアクセスや
お客さんが少ない場合はまだ遭遇する機会も
少ないのですが、
お客さんと接する機会が多くなるとどうしても
一定数現れてきます。

特に実店舗で経営する場合に比べて
ウェブを使った販売の方が不条理なクレーマー
を行う方などは現れやすいです。

 

 

これは顔が見えない分、なんでもありと
考えている方が少なからずいるからだと
思います。

実際のネット販売をしている会社などは
購入者の数パーセントは、
支離滅裂な訴えをするモンスタークレーマー
らしいです。

 

 

そして、これはもう病気の人なので
普通に相手をしても意味がない場合が
ほとんどです。

 

 

僕の場合はいままで仕事をしてきて出会った
モンスタークレーマーは1〜2人くらいなので、
そうした運営をしている方は本当に大変だろう
と思います。

では実際にどのようなことに気をつければ
そうしたお客様と出会わずに済むのかなどの
対策法について考えてみようと思います。

 

モンスタークレーマーの対策方法①冷静に対応する

 

実際に販売等をしていく上でそうした
不条理な暴言や要求をしてくる人を見ると
人間なので腹が立つ事もあると思います。

 

 

例えば、

「商品をお渡ししてもお支払いを
してもらえない」

「商品に不備がなく、返金対応できない旨を
販売ページに書いているにも関わらず、
不当に返金返品を要求してくる」

「不条理な暴言を吐いてくる」

などいろいろなパターンがあると思います。

 

 

実際に販売を生業にする際、
1度くらいはこうした事態に直面すると
思います。

しかしこうした事に対して感情的になって
言い返したりしてはダメです。

 

 

こうしたクレーマーはなにかしら弱みを
探してそこにさらにクレームを入れてくるので
必ず冷静に対応すべきです。

 

モンスタークレーマーの対策方法②販売方法を正しく守る

 

販売方法を正しく守るというのも必要ですね。

販売の際にはいくつか守らなければいけない
ルールなどもあります。

 

 

例えば「特定商取引法に基づく表記」を
しっかり記載するなどですね。

これはネットで商品販売をする際は
必ず表記しなくてはいけないという決まりが
あります。

 

 

意外と最初にウェブで仕事をするときは
忘れがちですがこうしたルールもあります。

・事業者名
・返品返金の可否
・返金条件
・商品の渡し方
・お届けの必要期間

などを「特定商取引法に基づく表記」に
記載しておくことでトラブル等を未然に
防ぐ事もできます。
(モンスタークレーマーは
こうしたことを伝えても理解できないので
残念ですが)

モンスタークレーマーの対策方法③解決できない場合は法に頼る

 

いくら誠実に対応しても明らか不条理な
発言をするクレーマーの場合、
話し合いが通じない場合もあります。

そうした場合は法律に頼って解決するのも
一つの手です。

 

 

もちろん面倒なので得策ではありませんが
どうしても解決できない場合は、
こうした部分で対応するしか無いのかなと
思います。

または最悪こちらが折れてあげるかです。

 

 

例えば商品の代金を支払ってもらえないなど
の場合、法的な手段で解決してもいいですが
それが面倒な場合、
2度と取引せずに今後関わらないように
スルーするかという感じですね。

しかし商品の代金が大きい場合や、
どうしても回収しないといけない場合も
あると思うのでケースバイケースですね。

訴訟を起こして回収する感じです。

 

まとめ

 

さて今回はウェブで販売を
行う際に高確率で現れるモンスタークレーマー
の対応方法についてお話ししてみました。

残念ではありますが取引相手のお客様が
全員常識を持ち合わせているとは限りません。

 

 

とくにインターネットの場合、
相手の顔が見えないので販売していい
相手かも確認するのが難しいです。

なので後から対応するということしか
できないのも現実です。

 

 

これから販売を行なっていきたいという方は
少し頭の片隅に入れておいてくださいね。

では今回はここまで。
また次回のメールでお会いしましょう!

 

プロの絵の描き方が学べる無料7ステップ講座をお渡し中!

※ホームページをご覧いただいているあなたへの特別なお知らせ
↓↓↓

ABOUT US

どうも!絵描きの岡部遼太郎です! 色々なギャラリーや百貨店の画廊などで作品を展示してます。 自分が今まで学んできたことを、絵を観るのが好きな人、絵を描くのが好きな人のために役立てることが出来ればと思っています。 最近は絵画教室の運営に力を入れていて、絵を描くスキルを身に付けたい!絵を描き始めたい!という方をバックアップしています。 よろしくお願いします^^