「期間限定公開」無料アート講座はこちら

画材や絵の描き方がわかる電子書籍を無料プレゼント中!

絵画やイラストのタイトル題名は付け方とは?【具体例を解説】

どうもこんにちは!画家の岡部遼太郎と言います。

アクリル絵の具で描く絵画作品

 

こんにちは!岡部です。

今回は、
「絵画やイラストのタイトル題名は
どうやって付けているの?」
という内容でお話ししていこうと思います。

 

 

作品にタイトルってあなたは付けています
でしょうか?

僕は必ず付けています。
というのもタイトルを付けないと販売する事が
出来ないからなんですね。

 

 

実際に展覧会などで出品する際は
キャプションというタイトルや素材の情報を
書いた札が必要になってくるからです。

この質問自体はメール読者さんから
頂いたものなのですが、
たしかに結構基礎的な部分だけど解説した
事がなかったなぁと思いました。

 

 

なので今回はここを分かりやすく
解説していきますね。

 

絵画・イラストのタイトル題名は正直何でも良い

 

で、まず結論から言ってしまいますが
正直タイトルは何でも良いです。

何でも良いというのは適当に付ければ良い
という意味ではなく、
決まりや制約はほとんど無いに等しい
という事です。

 

 

展示する場所や内容によっては
政治的な意味合いを込めたりする事が
出来なくなりますが原則的には何でもOKです。

なので自由に決めたら良いわけですが、
実際何でも良いから決めてくださいと
振られても意外と難しかったりします。

 

 

なので今回は具体的なタイトルの決め方の
例を挙げるので参考にしてもらえれば
嬉しいです。

では始めていきましょう。

 

絵画・イラストのタイトル題名の付け方①
「色のイメージで付ける」

 

で、1つ目に紹介するタイトルの付け方は
「色のイメージで付ける」という考え方です。

例えば絵にそれぞれ色のイメージを持って
描く人が多いと思います。

 

 

風景なら、青空とか夕暮れの赤とかそんな感じ。

それをタイトルをつける際に組み込んでいく
という事です。

 

 

青系の絵であれば、
青、蒼、碧といった漢字を使った単語などを
タイトルに付けるのでも良いです。

BLUEといった英単語をタイトルに組み込んで
も良いでしょう。

 

 

このような工夫は見る側からしても色が
この作品の大事な部分なんだ!と
直感的に悟ることができるので便利な方法と
言えると思います。

もし展覧会などをする際は、
そこからお客さんと話を広げることも
可能なので僕達描く側にとっても良い装置に
なるはずです。

 

絵画・イラストのタイトル題名の付け方②
「歌の歌詞から引用する」

 

次が「歌の歌詞から引用する」という
方法ですね。

これは歌詞の一部のフレーズを使うことで
作品の意味合いを深めたり、
イメージをより強くすることのできる
方法です。

 

 

ただ日本にはJASRACという組織があります。
日本音楽著作権協会ですね。

なので歌詞の全てをブログなどに乗せると
著作権侵害と指摘されるようです。

 

 

なので使うとしても
念の為歌詞のほんの一部に留めておきましょう。

まぁ、歌詞全てを作品タイトルに付ける
人はいないとは思いますけどね。
単純に長いですし。

 

 

僕であれば英語のタイトルを付ける時に
洋楽の一部を引用したりすることも
あります。

文学的な要素を絵画というビジュアル媒体に
含めることのできる方法でもあるので、
文学性を意識したい人は良いかもしれませんね。

 

絵画・イラストのタイトル題名の付け方③
「作品の中のモチーフから連想する」

 

3つ目の方法が、
「作品の中のモチーフから連想する」
という方法です。

これも比較的作品タイトルをつける際には
実行しやすい方法だと思います。

 

 

例えば
猫が寝ている絵を描いたとしますね。

そしたらこの猫が寝ているというところから、
「眠る、寝る」という意味や漢字を持った
単語をタイトルに持ってくる漢字です。

 

 

「眠 熟語」と検索にかけると
安眠、一眠、永眠、仮眠、夏眠、休眠、高眠、
催眠、就眠 など色々な熟語が出てきます。

こんな感じで作品のモチーフから
タイトルを決めていく方法もありますね。

 

 

僕もよく使う方法です。
もしタイトル付けに困ったら使ってみて
ください。

 

作品のタイトル題名をつけないのはアリ?

 

さて、こうしたお話をした際に
タイトルは絶対につける必要がありますか?
と聞かれることもあります。

つまり無題はありなのか?ということですね。

 

 

結論としてはアリですね。
というのもタイトルを付けないといけないのは
展覧会などで自分の作品をいくつも並べないと
いけないような時です。

このような方法で人に作品を見てもらう場合は
必要になるでしょう。

 

 

しかしネットで作品を発表することもできる
この時代であれば、
そこまで必要性は強くないように思います。

もしタイトルを付けない理由があれば、
それも一緒に作品とともに解説しておけば
良いですしね。

 

 

作品が全部「無題」でも構わないとは
思います。

ただあくまで意味があるなら、という前提は
あります。

 

 

面倒臭いからタイトルは付けないというので
あれば、それはどうなのかな?と思います。

 

絵画・イラストのタイトル題名はどのタイミングでつける?

 

ここまでで、
絵画やイラストのタイトル題名の付け方
について実際に僕も使っている方法を
具体例としてお話してきました。

・色のイメージで付ける
・歌の歌詞から引用する
・作品の中のモチーフから連想する

この3つの方法ですね。

 

 

で、ここからは少しこの内容を掘り下げて
タイトルはどのタイミングでつけるか?
という部分についてお話していこうと
思います。

つまり、
描く前に付けるのか?
それとも描き終わった後に付けるのか?
という部分ですね。

 

 

実はこの質問も多かったりします。
なのでここについて僕のタイミングと
オススメの考え方について解説します。

絵画・イラストのタイトル題名は描き終わった後につける

 

で、僕自身は絵を描き終わった後に
タイトルを付けます。

というのも僕は新作を描くときは
展覧会や販売などのタイミングに合わせて
描いたりします。

 

 

展覧会などだと作品タイトルや情報を
まとめた書類の提出をしなくてはいけなくて、
締め切りがあります。

僕はその締め切りギリギリでタイトルを
全部つけていくという感じです。

 

 

というのもかなり締め切り間際は忙しく
作品が完成しないかも・・・とハラハラ
しながら描いたりしています。

正直このときにタイトルを絵の1枚1枚に
つけている余裕はありません。

 

 

特に昔は1年に10回くらい展示をやっていた
ので、全くそんな余裕はありませんでした。

今でこそ、
そこまでやらなくても良くなったので
楽にはなりましたが、
その時の名残でタイトルは最後に付ける事が
多いです。

 

余裕があるのであれば描く前に絵のタイトル題名をつけるのもアリ

 

で、この話をすると前もってタイトルを
決めておく方法はあまりお勧めできませんか?
と聞かれます。

しかしそんなことは全然ありません。

 

 

僕は何枚も絵を描いて最後にタイトルを
付けますが、
余裕があるのであれば描き始める前に
付けておくのも全然ありです。

メリットもあります。

 

 

絵を描き始めたばかりの時は
描き始めと描き途中でイメージが
変わってしまう事って結構あると思います。

イメージがぶれてしまって自分がどう
描きたいのか分からなくなる感じです。

 

 

しかし、最初にタイトルを付けておく事で
絵のイメージが固くなる人もいます。

こういう絵を描きたいからこのタイトルを
つけよう!みたいにあらかじめ決定して
おくんですね。

 

 

そうする事で、
ぶれることなくイメージを描き切る1つの
きっかけを作ることもできるということです。

もちろん描いた後にその絵のイメージに
合わせてタイトルをつけるの全然ありです。

 

まとめ

 

さて、今回は
「絵画やイラストのタイトル題名は
どうやって付けているの?」というテーマで
お話をしてきました。

実際に絵を描いている人は参考にして
取り入れてみてくださいね。

 

 

では今回はここまで。
今日も元気に頑張っていきましょう!

バイバイ!

プロの絵の描き方が学べる無料7ステップ講座をお渡し中!

※ホームページをご覧いただいているあなたへの特別なお知らせ
↓↓↓

ABOUT US

どうも!絵描きの岡部遼太郎です! 色々なギャラリーや百貨店の画廊などで作品を展示してます。 自分が今まで学んできたことを、絵を観るのが好きな人、絵を描くのが好きな人のために役立てることが出来ればと思っています。 最近は絵画教室の運営に力を入れていて、絵を描くスキルを身に付けたい!絵を描き始めたい!という方をバックアップしています。 よろしくお願いします^^