グループ展 「FOUR ELEMENTS」 2020年3月25日(水)~31日(火)

画材や絵の描き方がわかる電子書籍を無料プレゼント中!

フリーランスの絵描きが販売の苦手意識を克服する方法【意識を変える】

どうもこんにちは!画家の岡部遼太郎と言います。

アクリル絵の具で描く絵画作品

今回は、
「フリーランスの絵描きが販売の苦手意識を
克服する方法」
と言うテーマでお話しをしていこうと思います。

このテーマはこれから何かしら自分で
商品販売をして収入を作りたい方が聞いて
おいたほうがいい話ですね。

 

 

僕は以前ブログで人を集めて作品を
見てもらったり、
自分のスキルを見てもらう方法なども教えて
いました。

つまり人に見てもらってから自分のことを
知ってもらい、
そこからフリーランスとして仕事を展開して
収入につなげていくような意識ですね。

 

 

僕だと絵画教室や作品の販売などを行い
それだけで生活できるくらいの
収入を作っています。

こうした部分のことを教えていて思うのが、
販売に対して苦手意識を持っている人が
多い、と言うことです。

 

 

もちろん自分で商品を販売して収入を得るのは
簡単なことではないですし、
最初から苦手意識がない人はいないので
別に特別それは問題ではないです。

しかし苦手意識を持っているからといって
いつまでも販売ができないのも
困りものですよね。

 

 

なので今回は販売を少しでも楽にするコツ
についてお話ししていこうと思います。

この話を聞くことで販売する上で大事なことが
何なのか?
成功確率を高めるコツがどんなところに
あるのか?を知ることができます。

 

是非参考にしてみてください。

 

フリーランスの絵描きが販売をうまく成功させるコツとは?

 

まず今回の話の結論から言ってしまいます。
販売のコツの部分ですね。

僕が販売がうまくいく確率を上げてくれる
方法としていつも意識していることの
1つでもあるのですが、
「ベネフィットを意識する」というコツが
あります。

 

 

ベネフィットという言葉はあまり
聞き覚えのない人もいるかもしれません。

ベネフィットを簡単に解説すると
その商品を購入することでお客さんが得られる
将来像のことです。

 

 

少し分かりづらいかもしれないので、
ちょっと掘り下げて解説していきますね。

 

ベネフィットとは何か?【フリーランス絵描きの販売】

 

まずベネフィットというのは先ほども
いった通り、
商品がもたらすお客さんの得られる将来像
のことです。

例えばあなたが石鹸を相手に販売しよう
としたら、
どんな風に相手に石鹸のことを紹介しますか?

 

 

多くの人は
・汚れがよく落ちます
・除菌効果が高いです

このような紹介をすると思います。
確かにこれは間違ってないです。

 

 

性能の紹介とすれば間違いないからです。

しかしこれはベネフィットとは言えません。
ベネフィットではなくただのメリットです。

 

 

商品を相手に紹介する時はメリットでなく
ベネフィットを意識しないといけません。

例えばこの石鹸のベネフィットを言うとしたら

・あなたの健康的で健やかな生活を応援します
・菌を気にして何回も手を洗う生活とは今日で
サヨナラできます

みたいな感じですかね。

 

先ほどのただのメリットとの違いが
分かるでしょうか?

そのメリットによって得られるお客さんの
生活や将来についてイメージしてお話し
しているんですね。

 

 

除菌能力が高い石鹸をつかうとどんな
生活が手に入るの?と言う視点で考えている
部分が根本的に違いますよね。

これが「ベネフィット」という考え方です。

 

フリーランスの絵描きが販売においてベネフィットを考えるメリット

 

で、こうした話をするとベネフィットが
どう言うものかは分かったけど、
それを使うメリットって何なの?と
思う人もいるかもしれません。

なのでこの部分についても少し話しますね。

 

 

まずベネフィット、
つまりお客さんが商品を購入することで
得られる将来像を語るべき理由は
お客さんはメリットではなくそれによって
得られる将来を買っているからです。

これはお客さん視点で考えると分かると
思います。

 

 

先ほどの石鹸の例で言うと
お客さんは除菌効果が高いから石鹸を買う
わけではないのです。

お客さんが石鹸を買うのは除菌効果が高い
ことによって、
清潔な生活を送れるから買うのです。

 

 

つまりメリットのために買うのでなく
ベネフィットのために買うと言うことです。

僕たちが何か商品販売する時も
機能性や効果を説明するのでなく、
その商品で得られる未来像をしっかりと
アピールできるようになると確実に販売は
上手くいくようになります。

 

 

是非意識してみてください。

 

フリーランスの絵描きが販売にはCMが参考になります

 

さて、ここまでで
「フリーランスの絵描きが販売の苦手意識を
克服する方法」
という内容でお話しをしてきました。

少し専門的な話で難しいかもしれませんが
商品を個人で販売するときにベネフィットを
知っているかどうかで結果も変わってくるので
大切な部分です。

 

 

後半では実際にどう言うものを参考にすれば
良いのか?と言う部分の話もしていきますね。

個人的にベネフィットの見せ方はCMなんかが
観ていて勉強になると思います。

 

 

CMは商品のメリットを紹介するだけでなく
ベネフィットを映像で伝えている上手なもの
も多くあります。

うまいCMの中には一切商品メリットを
言葉にしていないけど印象が強いものも
あるくらいです。

 

 

僕が結構印象に残っているのは
明治安田生命のCMですね。(昔のCMだけど)

小田和正さんの曲が使われていて、
観た人はきっと覚えていると思います。

 

 

どんな保証があるのか?
保険に入るメリットが何なのか?とか
ほとんどと言っていいくらい解説が
ないですよね。

だけど人の生活を守るのが保険、
あなたの生活や笑顔を守っていきます、
と言うメッセージは伝わってきます。

 

 

これがベネフィットです。

もちろん伝え方としてはここまで抽象的
である必要はありませんが、
お客さん目線でのベネフィットを考える
必要はあると言うことです。

 

【フリーランスの絵描きが販売】僕の商品のベネフィットは?

 

で、僕だと絵画教室や絵の販売等をして
いるわけですが、
もちろんベネフィットも意識しています。

例えば絵画教室を紹介する時だと、
絵が上手くなる、技法が身につくという
部分はもちろんお伝えしていますが、
あくまでコレはメリットです。

 

 

なのでベネフィットとして
絵が上手くなったり技法が身につくことで
どんな将来を描けるのか?と言う部分も
お話ししています。

例えば
・公募展に自信をもって応募できる
・人に絵をプレゼントして喜んでもらえる
とかこういう部分ですね。

 

 

これはメリットでなくベネフィットに
なっているのが分かると思います。

絵の販売などでもウェブ販売だと画像等を
使ってベネフィットを伝えることもできますね。

 

 

飾るとどんな風に部屋のイメージが変わるのか?
などは言葉よりも画像等を使った方が
伝わりやすいです。

なのでイメージギャラリーみたいな感じで
絵を飾ってあるお部屋のイメージなどを
制作してお見せしたりしています。

 

フリーランス絵描きの販売まとめ

 

さて今回は
フリーランスの絵描きが販売の苦手意識を
克服する方法ということで、
ベネフィットについてお伝えしてきました。

商品によってベネフィットの内容や
伝え方は変わります。

 

 

人によって商品は違うので当たり前ですね。

なので商品販売をする際は自分の商品が
お客さんの生活をどんな風に変えるのか?
と言う目線で設計してみると良いと思います。

 

 

では今回はここまで。
今日も元気に頑張っていきましょう!

ではでは!

プロの絵の描き方が学べる無料7ステップ講座をお渡し中!

※ホームページをご覧いただいているあなたへの特別なお知らせ
↓↓↓

ABOUT US

どうも!絵描きの岡部遼太郎です! 色々なギャラリーや百貨店の画廊などで作品を展示してます。 自分が今まで学んできたことを、絵を観るのが好きな人、絵を描くのが好きな人のために役立てることが出来ればと思っています。 最近は絵画教室の運営に力を入れていて、絵を描くスキルを身に付けたい!絵を描き始めたい!という方をバックアップしています。 よろしくお願いします^^