「期間限定公開」無料アート講座はこちら

画材や絵の描き方がわかる電子書籍を無料プレゼント中!

高いお金を請求して絵の海外展示に招待する業者には注意【活動方法】

どうもこんにちは!画家の岡部遼太郎と言います。

アクリル絵の具で描く絵画作品

 

今回は、
「高いお金を請求して絵の海外展示に
招待する業者には注意してください」
という内容でお送りします。

これは実際僕自身も実際に勧誘されたり、
身の周りの画家仲間も誘われたりして
いたので絵を描く人間には身近な問題ですね。

 

 

きっとこの記事を読んでいる人の中にも
こうした勧誘を受けたことのある人はいると
思います。

僕自身はこうしたものに参加はしませんが
それには明確に理由があり、
今回はそこについても解説していこう
と思います。

 

 

もし今参加するかどうかで悩んでいる
という人は是非参考にしてほしいと
思います。

この話を聞くことで判断する材料にも
なると思うので是非聞いてもらえれば
嬉しいです。

 

では早速始めて行きましょう!

 

絵の海外展示はコストとリターンを見る必要があり

で、まず今回の話の結論から言ってしまうと
「コストとリターンについて確認して
決めてください」
というのが僕の主張になります。

というのも残念ながら多くの海外展示の
業者はお金だけを目的にして、
こうした絵を描いている人に募集メールを
送りまくっているからです。

 

 

もちろんビジネスとして向こうも利益を
出さないといけないので、
そこを否定する気は全くありません。

しかし得られるメリットが展示する人にも
ないといけないわけですよね。

 

 

こうした海外展示に誘ってくる業者は
多額な費用を請求してくるところが
ほとんどです。

10万以上50万以下くらいが相場なのかな?
と思いますが、
この費用に対してリターンが見合っているのか?
という部分を客観的に把握しておく必要が
ありんです。

 

 

例えばあなたがいくらお金をはらっても
海外で展示したという経歴が欲しいというなら
それでも構わないかもしれません。

それは本人が選ぶことなので当然です。

 

 

しかし、海外で有名になれるとか
海外で絵が売れまくると期待して高額な
金額を払って参加するのであればそれは
ちょっとどうかな?と思います。

というのも実際こうした展示に参加して
作家活動が軌道に乗ったという話は
聞いたことがありませんし、
どんなメリットがあったのか明確に
説明できる人もほとんどいないからです。

 

絵の海外展示業者にコンタクトをとってみた

 

で、僕はたしか大学1年くらいの時に
そうした業者から声をかけられました。

美大の学祭で名刺を置いておいたので
そこからコンタクトを取ってきた感じです。

 

 

美大生は裕福な家庭の子も多いですし
(僕は貧乏だったけど)、
まだ無知な学生は展示をさせてあげるみたいに
言われると嬉しくなってついていってしまうので
格好のカモにされます。

で、僕は数十万の費用で海外展示に
参加できますよ!みたいに声をかけられました。

 

 

僕としてはまずこの金額に対しての
リターンがあるのかを業者に尋ねる必要が
あると思い実際に直接聞いてみました。

 

・どんな活動にその先繋がっていくのか?
・売れるようになった人はいるのか?
みたいな部分ですね。

しかしその質問をした途端、
業者は完全に無視をし始めてコンタクトが
取れなくなりました。

 

 

きっとそんな実績はなかったので
都合が悪くなったのだと思います。

僕自身も自分で確認してちゃんと現実を
見つめるきっかけになったのでよかった
と今では思っています。

 

絵の海外展示以外でどういう活動を続けるのか

 

実際、海外展示じゃなくても
貸しギャラリーを高額な金額で貸し出して
一切接客しないところもありますし、
美術の世界は頼りどころが難しいのも
事実です。

で、こうした話をすると
「結局どうすればいいんだよ〜」
みたいに言われることがあります。

 

 

これに対して僕が思うのは
自分で知識やスキルを付けて生きていく
しかないんじゃないの?と思います。

誰かに、おんぶに抱っこで成功しようと
している限り、
状況が好転することは無いと思います。

 

 

僕も自分で人間関係を作ったり、
ビジネスを勉強したりして今絵の仕事で
食べれるようになりました。

もちろん最初の頃は僕も、
どこかのお金持ちをコネ作ったり
ギャラリーとコネを作ったら良いのかと
思っていましたがそうじゃなかったと
色々失敗しながら気づいていきました。

 

 

自分の頭で勉強して自分で努力して
自分で成果を出していかないといけません。

そのために必要な知識をお伝えする
ことは僕もしていますが、
その先の「実際に行動に移していく部分」は
自分自身でやっていくしかないのです。

 

 

だからこそ仕事は楽しいとも
言えるんですけどね。

人から言われたことをやっていれば良い世界
でなく、自分でアイデアを作ったりして
それが成果に繋がるのはとても楽しい
からです。

 

【絵の海外展示】絵の活動内容を広げる

 

さてここまでで
「高いお金を請求して絵の海外展示に
招待する業者には注意」という内容で
お話ししてきました。

参加するのが悪いというのではなく、
見合ったリターンを確認しようということです。

 

 

もしその出費に対してリターンがあると
思うのであれば、
参加しても良いでしょう。

で、ここからはこの話を掘り下げて
「活動の内容を狭くしすぎないようにしよう」
ということもお話ししていきたいと
思います。

 

 

というのも、
僕が絵を描いて活動してます!という人と
会うとほとんどが1つの活動だけに
固執している人というのが多いです。

特に「絵を売りたい」という願望だけで
それだけを軸にしている人が多いです。

 

 

こうした軸のみだとどうしても
先ほど説明した高額な展示のお誘いに
リターンを確認せずに乗っかってしまいます。

僕としてはこれは活動方法として
不利だと思っているので、
ここについて解説していきます。

 

絵の海外展示以外の活動の内容

 

で、結論として絵を売ることだけにフォーカス
すると逆に売れなくなっていくし、
活動も狭くなっていくと僕は思っています。

絵で稼ぐ!といった時に必ずしも
絵の販売だけしかないと思うと不利なんです。

 

 

例えば僕であれば幅広く絵のビジネスを
やりたいしやろうと思っています。

例えば展覧会、絵画教室の運営やブログの講座、
絵描きさん同士の飲み会の開催、
メルマガ配信など活動内容は多岐に渡ります。

 

 

これはメリットが存在するから頑張っています。

まず一番のメリットは色々な人と人間関係が
作れるというものですね。

 

 

例えば絵の販売だけにフォーカスすると
ほとんど人との関わりはできません。

人との関わりができないと絵を見てくれる
人も増えないし、
収入も安定しないし精神的にもつらかったり
します。

 

 

逆に活動を広げることで、
新しく絵を見てくれる人も増えたりして
絵の販売もうまくいくようになると
思うんですよね。

僕がブログやメルマガなどの活動を始めると
他県からわざわざ展示に来てくれる人もかなり
増えてきました。

 

 

本当にこれは嬉しい部分ですね。
ありがとうございます。

絵画教室の生徒さんと展示の後に飲みに
いったりすることもありますし、
本当に色々な関わりを作ることが出来ている
なぁ、と思います。

 

 

なので、もし今活動が行き詰まっている
のであれば、
少し視野を広げて活動してみるのも
ありだと思います。

 

これからの展望

 

こうした話をすると最近は興味深く
聞いてくれる人も増えてきました。

それと同時に
「これからどんな新しいことを始めようと
思っていますか?」
と聞かれることもあります。

 

 

個人的にはもっと人と関わってできる
絵の事業をやっていきたいと思っています。

人を集めて一緒に絵をかける場所作りだったり
とか、
あとは生徒さんや自分たちで使えるギャラリー
を自身で運営したりとかですね。

 

 

ここら辺がどんどんやっていければ
さらに楽しい絵描き活動につながっていきそうで
楽しみです。

ここら辺が実現できそうな時は
メルマガなどでも配信していく予定です。

 

まとめ

 

さて、今回は
高いお金を請求して絵の海外展示に
招待する業者のお話と、
活動を広げていく考え方についてお話して
きました。

冷静に視点を広げながら絵に関わっていくと
より楽しい活動につながっていくと思い
ますよ!

 

 

では今回はここまで。
今日も元気に頑張っていきましょう。

バイバイ!

プロの絵の描き方が学べる無料7ステップ講座をお渡し中!

※ホームページをご覧いただいているあなたへの特別なお知らせ
↓↓↓

ABOUT US

どうも!絵描きの岡部遼太郎です! 色々なギャラリーや百貨店の画廊などで作品を展示してます。 自分が今まで学んできたことを、絵を観るのが好きな人、絵を描くのが好きな人のために役立てることが出来ればと思っています。 最近は絵画教室の運営に力を入れていて、絵を描くスキルを身に付けたい!絵を描き始めたい!という方をバックアップしています。 よろしくお願いします^^